ここから本文です

息子が毎年聴力検査に引っ掛かり、今回“両側感音性難聴”と診断されました。親の私...

mem********さん

2010/8/414:10:25

息子が毎年聴力検査に引っ掛かり、今回“両側感音性難聴”と診断されました。親の私も生まれつき感音性難聴で、昨年障害手帳を取得しました(6 級)。
詳しくは聞き取れずじまいで、何度か聞き直しても分かりませんでした(◎-◎;)そこで、分かる方に教えて欲しいのですが、この結果はどの位のレベルでしょーか?障害手帳は申請すべきレベルなのか等。
長々と長文でスミマセン。宜しくお願いします。

何度か,両側感音性難聴,障害手帳,スミマセン,毎年聴力検査,中耳,聴力

閲覧数:
633
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2010/8/521:18:38

認定は4分法により算定されますので、目盛りは見えませんが写真から
上の太線が0dB、左が125Hz、右は8KHzと想像されますので
ざっくり見て
右耳:500Hz≒15dB、1KHz≒25dB、2KHz≒30dB
左耳:500Hz≒20dB、1KHz≒50dB、2KHz≒55dB
これを4分法に当て嵌めて平均聴力を計算すると
右15+50+30/4≒24dB、左20+100+55/4≒44dB
概ね上記の如くになります。
周波数ごとに見た場合、概ね20~30dBあたりまでが正常範囲となっています。
会話で重要なひとの声は概ね300~800Hzあたりに集中していますので少なくとも右耳はさはど不自由を感じるレベルでは無いように思いますし左耳は1KHz以上で骨導がかなり上回っており中耳を介さない場合はかなり聞えている訳ですから鼓膜を含めた中耳疾患としての伝音性難聴を含んでいる可能性も考えられます。中耳性のトラブルの原因を見出し回避できれば骨導付近までは回復する可能性も考えられましょう。一方で6級の認定基準は両耳の聴力レベルが70dB以上、または片方の聴力レベルが90dB以上かつ他方の聴力レベルが50dB以上とされています。語音による認定の場合は40cmの距離でも会話音が理解できない事とされています。

質問した人からのコメント

2010/8/10 19:57:14

ここまで詳しく回答してくださり有り難うございます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる