ここから本文です

キリスト教の家庭祭壇と、お香について

fll********さん

2010/8/701:29:44

キリスト教の家庭祭壇と、お香について

「キリスト教の家庭祭壇の作り方を、詳しく教えて下さい。」内のご回答にあった
>その声が聖霊の声と確信するなら・・・についてですが

確信できるのは、家庭内にきちんとした祈りの場と時間を設けるべきだ…というところまでで、香りについては「捧げたい気がした」と、私が勝手に思っただけです。
カトリック教会で振り香炉を見たことがあるので全く知らなかったわけではないですが、香りに興味が無かった上に プロテスタント教会では香炉を見なかったこともあって、香りについては特に気に留めておらず、思い出す事もありませんでした。それなのに、このタイミングで急に思い出させられた事などで驚いたわけですが…。

ふつう、キリスト教の家庭祭壇(香炉の有無は問わず)での祈りと、香を焚くことは、別々に考えるものですか?
仏壇に手を合わせるとき線香を焚くような感覚?で、家庭祭壇で祈る時に「天に思いが届くように」と、乳香を焚いたりはしないのでしょうか?

私は自然に香りを捧げたいと思ったのですが、そんなに重い罪となるほど、悪いことなのですか?前の質問で、そう聖書にある(>イスラエルの王サウルのこと)・・・という感じの回答をいただきましたが、その部分をきちんと読むのはまだ先になりそうなので…。

閲覧数:
2,674
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

man********さん

編集あり2010/8/713:13:56

>そう聖書にある(>イスラエルの王サウルのこと)

イスラエルの王サウル???
歴代誌下26章に登場するユダの王ウジヤのことではないかと思います。短い話なので、今この部分だけでも読んでみてください。
ウジヤ王は祭司ではないのに神殿で香を焚こうとしたため、神の怒りを買って重い病気になってしまいました。当時、香を焚くことがゆるされているのは、祭司だけだったからです。

旧約時代の祭司というのは、アロン(モーセの兄)の子孫でなければなりませんでした。しかし今、キリスト教の司祭には、血筋に関係なく、どこ出身の人でも、なることができます。イエスが律法と預言を完成させ、異邦人にも差別なく救いの道を開いたからです。
あなたがカトリック教会で見た振り香炉を使っている司祭も、アロンの子孫じゃなかったでしょ。ユダヤ人じゃなかったでしょ?

あなたは、香りを捧げて祈りたいという気持ちに、素直に従っていいと思いますよ。うちの教会の売店ではお香、売ってますよ。普通の信者が自宅で祈るのに使ってもいいからでしょ?

祈りには、本当は道具は何も無くてもいいのですが、自分の信仰の助けとなるなら、家庭祭壇や香炉もアリですよ。

質問した人からのコメント

2010/8/8 15:37:18

感謝 ありがとうございました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

cav********さん

2010/8/705:16:46

黙示録5:8見ると、香の奥義は「聖徒たちの祈り」ですね。

hey********さん

編集あり2010/8/704:12:43

旧約時代の律法には香を焚く規定がありますが、
現代の異邦人に適用されることはないでしょう。
正教会やローマカトリックのようにカビ臭い伝統習慣に
こだわるところでしか香炉は見られません。

自宅に静かにリラックスできる空間を祈りの場に設けるのは良いことですが、
祭壇や香も雰囲気作りのツールとして考えた方が妥当だと思います。
どちらかというと、そういうものに異常にこだわるのは
悪魔崇拝とか黒魔術をやってる人でしょう。

あなたは、あなたが神に頂いた賜物を用いて礼拝してください。
善いと思った事をどんどんやればいいんです。
間違ってたら、そのときこそ聖霊が指摘するでしょう。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる