ここから本文です

V結線とV-V結線の違いを教えてください。 (仕組み、用途など)

muc********さん

2010/8/1215:44:44

V結線とV-V結線の違いを教えてください。
(仕組み、用途など)

補足ただ呼び方が違うだけで、同じ意味という事ですか? (V結線を二つ連結させたのがV-V結線とかじゃなくて)

閲覧数:
7,798
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fis********さん

編集あり2010/8/1218:56:38

そのとおり
もっと略して「V結」っていう時もある。

変圧器の結線の方法でΔ-Y、Y-Δ、Δ-Δ、Y-Yっていうのがあるので、それに準じてV-V結線って言うが、V結線の場合明らかに一次側はV結線になるので、略しても通じるからです。




変圧器の事を聞いているなら、両方とも同じ意味です。

仕組み・用途
単相変圧器2台で三相電力を供給出来る。
ただし、変圧器の合計容量の86.6%しか利用出来ない。
理由:電流が30°遅れるので√3/2≒0.866となるから。

単相変圧器の組み合わせなので、容量の異なる変圧器を使用して単相三線式負荷等に供給することがある。(「異トラのV結」っていう。)
一般家庭と容量の小さな200V動力が必要な需要家に電力を供給する場合に多く用いる方法です。

質問した人からのコメント

2010/8/12 19:50:26

成功 分かりました。
V結線をすると必然的にV-V結線になるという事ですね。
ありがとうございました。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる