ここから本文です

催眠術って本当に掛かるんですか? 正直全然信じられないです。

yar********さん

2010/8/1700:45:01

催眠術って本当に掛かるんですか?
正直全然信じられないです。

閲覧数:
17,986
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

buk********さん

2010/8/1707:14:59

催眠術という心理現象は色々と誤解されていることが少なくありません。たとえば次のようなものです。
『催眠術をかけられると意識を失い、催眠術師の言うがままに操られてしまい逆らうことができない』

催眠中は意識はあります。しかし意識の状態は通常とは違います。催眠中の意識状態を心理学では「変性意識状態」または「トランス状態」ともいいます。変性意識状態は催眠だけによって起こるものではありません。例えば禅僧が座禅を組んで瞑想している場合などもこの変性意識状態にあります。催眠とは暗示によって意図的にこの変性意識状態を作り出すことです。

催眠中の変性意識状態は専門的には催眠性トランスといいます。催眠性トランスとは違う自然発生的なトランス状態は私たちの日常でも体験していることです。
例えば電車に乗っていてゴトンゴトンという単調なリズムを聞きながら座っているとウトウトと心地よくなってくる状態。テレビゲームに熱中しているとき、横から「ご飯ですよー」などと言われているのに耳に入らない状態。ディスコで踊りまくって恍惚状態にあるとき。他にも探せば色々ありますが、これらの場合トランス状態といわれる心理状態にあります。

人間の意識には、顕在意識(意識)と潜在意識(無意識)があります。自覚できるのは顕在意識ですが、それは水面上に出ている氷山のようなもので、その下にはそれよりも大きな潜在意識が存在します。
この意識の構造はちょうど卵のようなもので、卵の黄身が潜在意識ならば、卵の白身が顕在意識です。

意識の状態には、清明度、質、幅、という尺度があります。清明度は意識がハッキリしているか朦朧としているか、あるいはないのかなどという違いです。意識の質というのは、例えばドラッグをやってハイになっている時は意識の質が変質してしまっている状態です。そして催眠で重要なのが次の「意識の幅」です。
先にテレビゲームに熱中していると声をかけられても耳に入らないという例を挙げましたが、これは意識の幅が狭まってテレビゲームのみに集中しているからです。催眠中もこのように意識の狭窄が起こっており、そのためその狭まった意識を通して潜在意識に働きかけます。顕在意識が狭まっている状態は、生理学的に言えば大脳新皮質が部分的に休止状態にある状態です。

意識の狭窄は、言い方を変えれば意識の集中ということもできます。私たちは意識の集中も、普段から行っています。例えば勉強に集中していたり、試合中のスポーツ選手などもそうです。ただしこれは「能動的集中」というものであり、催眠中の集中はそれとは違う「受動的集中」というものになります。

催眠術を実際にかけられた人の中には「かかっていなかった」などという人もいます。その理由を尋ねてみると「逆らおうと思えば逆らえたから」というものだったりします。しかしこれがまさに催眠で、催眠とは決して「逆らえなくするもの」ではなく「逆らおうとは思わなくなるもの」なのです。

強い弱いはありますが、人には誰にも「被暗示性」というものがあります。被暗示性とは暗示のかかりやすさであり、また暗示とは言い方を変えれば「ほのめかし」ということができます。
私たちは日常的に何らかの暗示を受けています。例えばテレビCMを見るとその商品が欲しくなったりすることもそうです。体にいいといわれる健康食品を摂ると、なんとなく元気になった気がしたり、顔色が悪いといわれると何だか元気がなくなったりするのもそうです。
そして催眠状態においては、この被暗示性が亢進します。つまり暗示を受け入れやすくなるのです。

被暗示性の高さは人によって違いますので、催眠のかかりやすさも人によって違います。
また、まったく催眠にかかりたくないと思っていない人にかけることは困難ですし、かかり易い人であったとしても初対面でいきなりかけられるものではありません。催眠をかけるためにはかける側とかけられる側の信頼関係がなくてはいけません。この信頼関係のことをラポールといいます。

催眠の本質はあくまで自己暗示です。他人の暗示を自分の意識というフィルターを通して受け入れているのですから、絶対受け入れたくはないという暗示を受け入れることはできません。
良からぬことを考える人は、催眠術を身につけて誰かを思うがままに操ってしまおうなどと考えたりするかもしれませんが、現実にはそうもいかないわけです。

また催眠術に対する誤解として、『催眠術は超能力など超常現象と呼ばれるの類のもの』というものがあります。しかし催眠は超常現象などではありません。
催眠は言語暗示だけで可能なものであり、そこには摩訶不思議な仕組みはありません。催眠は臨床心理や精神医療の現場などで実用されているものであり、それは純然たる技術です。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「催眠術 本当にかかるのか」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

zik********さん

2010/8/2323:40:21

催眠術が出来る人にかけてもらうことです。
何事も実際に経験することが大事です。

syu********さん

2010/8/1907:00:24

催眠術の起源は、磁力を帯びた鉄の棒を握ると病気が治るというオカルトが発祥ですが、
今は臨床心理学という分野で学問として成立しています。
学会や論文もたくさんあり、医療分野では催眠療法というものも存在しています。

理由はわからないが、ある手順を踏むとこういう反応が出るからそれが治療に役に立つ。という技術です。

nik********さん

2010/8/1808:46:39

Bukuroxさんの回答が素晴らしいです

テレビでよく見る芸能人がやってる安っぽいバラエティ的な催眠術のせいで、催眠の本質を知らない私のような人達は催眠術=オカルト的なイメージがあるんだと思います

end********さん

2010/8/1709:42:36

体質によります。と聞いた事があります。私はちなみにやられるとふらふらしてきます

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる