茶道の先生になるにはどうしたらいいんでしょうか? 今裏千家を五年続けている高3です。 やっぱり専門学校とかあるんでしょうか?

補足

そのまえに茶道の先生の資格ってありますか?

茶道16,919閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

1人が共感しています

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

その他の回答(5件)

1

専門学校に入らずとも、「引次」の資格を得ることで“上級(助講師)”の資格が得られますから、所定の手続きを経て、弟子の許状申請(取次)を行うことができます(教授者となることができます) 「正引次」で“講師”の資格が得られますし、「茶名」を拝受することで“専任講師”の資格を得ることができます。 ただし、お点前はもちろん、道具の取り合わせによって“扱い”や“手”が違いますから、弟子を取って指導するならば棗や棚、水指、釜など、いろいろな道具を揃える覚悟が必要です。 弟子を取って教えるならば、大寄せの茶会で茶席の亭主となる機会が巡ってくると思いましょう! また、お茶のお点前は正式な茶会で言えば、「デザート」の部分ですから、懐石の勉強も必要ですよ。

1人がナイス!しています

1

ざっくり言ってしまうと、各流派で修行を積んで指導者の資格(免許)を取得するのが一般的な方法だと思います。 しかし、実際に教室を経営していくとなると中々難しいと思いますよ。茶の湯に興味のある方はけっこうはいますが、このご時勢(不況)ですので趣味としては敷居の高い(高額な)イメージがある茶道を始める人は非常に少ないと思います。世の中のニーズを掘り起こして、それに応えていく努力が必要になってくると思います。

1人がナイス!しています

0

専門学校には通いませんでしたが、資格を取りました。 いつでも教室を開ける身分です。 先生と言うか、茶道講師、茶道専任講師の資格があります。 お稽古を続けていると、四ヶ伝、和巾など、進んで行きます。そうすると小習まで教えていい資格が取れて、その後、許状の取次ぎが出来る資格や小習の先まで教えていい資格が取れます。 その中で、裏千家の主催する講座に参加出来ます。色々あるみたいですが、あまり詳しくないので。 私もいつか、看板を申請して教室を開く夢があります。 40代のくたびれた中年ですが、お互いに頑張りましょう!

0

京都に裏千家学園茶道専門学校があります。ホームページに詳細が載っていますので、調べて下さい。 期間は3年で全寮制、費用は私立大学並のようです。結構濃い内容で素晴らしいと思います。 つまるところ、実力としてどの程度茶道ができるようになりたいか、という事になるでしょう。 専門学校に通っていた方からお聞きした話ですが、3年の間に茶事の亭主ができるようになるそうです。一般に個人の先生について免状的には教授の資格までとれたとしても、実践はなかなかできないので、免状倒れになっている場合が多いような気がします。 ただ、この学校の場合、授業は着物でということなので、着物と帯が沢山必要でそちらの方の費用も馬鹿にならないとか聞きました。その方はもっぱらリサイクル着物を調達しているということでしたが・・・参考までに。

2

裏千家のことはよく知りませんが専門学校はなかった気がします。単純に、いずれお茶の先生、という意味なら今のままお稽古を続ければそれなりのお年になれば先生になれます。 お若いうちだったら家元のところに内弟子に入る道がありますが、簡単なことではないので、今の先生に良くご相談してください。 お茶の先生になりたいという志しはご立派ですが、学校の先生のようにそれで生活が出来るというものではありません。おうちの方ともよく話し合ってみてください。

2人がナイス!しています