ここから本文です

八雲立つ出雲八重垣妻ごめに八重垣作るその八重垣を の意味

tas********さん

2010/8/2116:30:58

八雲立つ出雲八重垣妻ごめに八重垣作るその八重垣を の意味

八雲立つ出雲八重垣妻ごめに八重垣作るその八重垣を

この和歌の意味と読み方(ひらがな)を教えて下さい。
宜しくお願いします。

閲覧数:
25,769
回答数:
1
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kou********さん

2010/8/2117:00:17

「やくもたつ いづ(ず)も やへ(え)がき つまごみに やへ(え)がきつくる
そのやへ(え)がきを」
と読みます。( )は現代仮名使いです。

意味は、「(さかんに雲がわき立つ)出雲の幾重にもめぐらした垣根。妻をこもらせるために八重の垣を作る、その美しい八重垣を」

「八雲立つ」は出雲に掛かる「枕詞(まくらことば)」ですが、(枕詞は通常訳さない)この場合には「雲がたくさん掛かっている」という意味がダイレクトに取れるため訳しても良いそうです。

須佐乃男命(スサノオノミコト)が新婚のために宮殿を作った時の和歌で、「古事記」にが初出です。「妻を厳重に守るために八重の垣を巡らす」というのが大雑把な歌の意味ですね。

質問した人からのコメント

2010/8/21 21:12:56

感謝 丁寧な回答をありがとうございます。
とても綺麗な訳で感動しました。古事記読んでみます。
また質問した際は宜しくお願いします。

「八雲立つ出雲八重垣」の検索結果

検索結果をもっと見る

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる