ここから本文です

住友生命とひまわり生命やオリックス生命との医療保険の手術給付金の出る範囲の違...

xxkuusukexxさん

2010/8/3001:44:38

住友生命とひまわり生命やオリックス生命との医療保険の手術給付金の出る範囲の違いについて教えてください!

先日主人(38歳)の医療保険の見直しの保険相談に行き、そこでひまわり生命の「健康のお守り」という保険をすすめられました。日額10000円の60日で先進医療とがん等になった場合の払い込み免除の特約をつけ60歳払い込みの終身で保険料が8500円程度だったのでもう加入するつもりでしたがその直前知り合いの住友生命の方がそれを聞き「安いからってそれではカバーできない」と言われました。カバーできないという理由は
・手術給付金のでる手術の範囲が住友に比べてかなり少ないはず
・入院日額の期間が60日は少なすぎる
・主人は社会保険ではなく建築業なのでなにかあった場合にそのような保険では頼りない
他にもいろいろ言われた気がしますがとにかく考え直すようにとのことで後日上司を連れて詳しい説明をしに見えるそうです。私的には契約をとりたいから・・・っていう気がしないでもないのですが実際そんなに違いがあるのでしょうか?いろいろ調べたのですがどうもよくわからないので教えてください。あとオリックス生命の「キュア」も自分で調べた中で保険料や保障内容的にもいいなと考えてます。あと入院の期間の60日は不足というなら120日のプランもあったはずですが住友は180日が基本なのかそれくらいは必要とのことです。

我が家はまだ2歳の子供とあともう一人子供を考えてるので確かにあまり内容の薄い保険では何かの際に困るのも事実ですがやはりだからこそ保険料もあまり高額は払えないのも事実で・・・
死亡保障等は別で加入予定です。
保険にはぜんぜん知識がないのでどうか教えてください。

補足ひまわり生命の「健康のお守り」の保険料が8500円と記載しましたが7752円でした!!

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
7,872
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cad78271さん

編集あり2010/8/3010:02:04

まず、この件に関しては住友生命の担当者の知識不足からの発言が見られます。

今ご提案受けている「健康のお守り」は
・1入院60日、7大習慣病時60日延長特約付、先進医療特約付、3大疾病時以後保険料免除特約付だと思います。
病気で平均入院日数が60日越えるのは脳卒中(約100日強)です。入院が長引くような7大習慣病では1入院120日までカバーできます。ただお仕事的に怪我の入院が長引くような可能性があるなら7大習慣病特約よりも1入院120日にした方が安心かと思います。月8142円になります。

あと手術給付金についてですが
健康のお守りは
・手術給付金は88分類で手術により10・20・40倍だがそれ以外の健康保険適用の手術(4種類を除く)を1泊2日の入院付で受けると手術見舞金として5倍支給される

オリックス生命キュアは
・手術給付金は88分類で手術すべて20倍で支給

住友生命ドクターKINGは
・手術給付金健保適用(4種類除く)しており入院で開頭・開胸・開腹手術でがんなら40倍、それ以外の入院手術なら20倍。開頭・開胸・開腹以外の手術でがんなら20倍、がん以外で10倍。入院しない手術は一律5倍支給

健康のお守りも健康保険適用手術には一応対応しています。

オリックス生命キュアには健保適用手術全部には対応していない点と3大疾病時以後保険料免除特約はありません。

質問主さんもおっしゃるように保険は保険料を払い続けないと保障を持ち続けることができません。保険料で生活が圧迫するのは保険継続させるのは困難になります。個人的には健康のお守りで60歳払いで入院5000円、終身払いで入院5000円にすると1入院120日でも60歳払い4122円、終身払い2880円(先進医療は60歳払いに付加)計7002円に節約できます。現役引退したら終身払いの方を解約して負担を減らすこともできます。

1入院180日必要と言う理論は住友生命の都合です。1入院180日でも少ないと言う意見もありますし、実際は自分にとって医療保険は短期損失経済補てんが目的なのか、長期経済損失補てんなのかによります。
住友生命の医療保険の内容も悪くはないです。あとは内容による保険料が納得できるかだけです。
今一度お考えの上どのような選択が一番良いのかご検討されてください。

質問した人からのコメント

2010/8/31 10:07:39

成功 お二方ともとても的確なアドバイスありがとうございました。5000円の2本入るというかんがえてもなかったアドバイスがありましたのでこちらの方をベストアンサーにさせていただきました。本当にありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

堀池 泰さんの写真

専門家

2010/8/3009:37:34

ご担当の方が「安かろうまずかろう」は本人のためにならない、という姿勢でいらっしゃるのは良いことだと思います。
ただ今回のケースでは、特にまずくありませんので問題ない印象です。
具体的には以下の通りです。

>・手術給付金のでる手術の範囲が住友に比べてかなり少ないはず
範囲だけ見れば同じで、どちらも1,000種類以上が対象です。
ただし住友生命社のドクターKING(医療保険)などは、がん入院手術時は倍額となっていますのでそういった点で違いはあります。
ご加入商品や設計内容によって異なりますので、保険証券などで確認されてみてください。

>・入院日額の期間が60日は少なすぎる
>180日が基本なのかそれくらいは必要
住友生命社がドクターKINGのページで自ら発表していますが、そんなことはありません。

・月間退院患者数 125.9万人
・入院日数60日未満 119.1万人(94.6%)

ただ比較的身近な生活習慣病は入院が長期化する傾向にあり、脳血管疾患などは平均102.1日(厚生労働省「患者調査」)です。
このため、普通入院60日保障、生活習慣病入院時は120日保障、というタイプが割安で合理的です。
健康のお守りはその形になっていますので、より問題ない印象です。

専門家プロファイル 専門家プロファイル(外部サイト)

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。