ここから本文です

ハムスターのペレットでハムセレの他にCRーLPとMFが良いと聞いたので買ってみたいと...

rio********さん

2010/9/415:43:56

ハムスターのペレットでハムセレの他にCRーLPとMFが良いと聞いたので買ってみたいと思います。
生後4ヶ月程のキンクマハムスターにはCRーLPかMFどちらが向いていますか?

2つ一緒に与えてもいいのでしょうか?

補足今までペットショップでオススメされた”ローデントダイエット”というペレットを与えていました。ダイエットと書かれているので、もしかして成長期の時期に与えるべきではなかったのかなと思っているのですが。。
たんぱく質足りてなかったら成長期用のMFを与えたほうがいいのでしょうか?
粗たんぱく質23.0%以上、粗繊維4.0%以下、粗脂肪6.5%以上、灰分8.0%以下 と表示されてあります。

閲覧数:
580
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aja********さん

2010/9/418:16:56

国際基準でこのような数値も

>>維持期(生後半年~1年半)において(主な3つの栄養分)
ゴル 粗蛋白15.0% 粗脂肪4.5% 粗繊維5.0%
ジャン 粗蛋白18.0% 粗脂肪5.0% 粗繊維5.0%





成長期3ヶ月ほどを越した個体へはタンパク質を軽減させたものを与えるとのことからCRーLPFが無難との声もあります。

タンパク質23ほどを必要とするのは3ヶ月ほどまでとも

どちらにせよMFからCRーLPF(CRーLPやハムスターフードCとしても販売)へ切り替えることが通なようです

質問した人からのコメント

2010/9/6 14:15:54

皆さん詳しく教えていただいて本当にありがとうございました。
とりあえず、CR-LPFを与えたいと思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

twm********さん

2010/9/500:15:28

粗たんぱく質23.0%以上、粗繊維4.0%以下、粗脂肪6.5%以上、灰分

この数値のどこをダイエットとされてるのでしょう。一般的には低蛋白低脂肪高繊維などがダイエットフードとして上げられています。




補足で上げられたペレット(数値上)は、成長期に無難ではないかと思います。


あくまで、素人個人が、これまでいくつかの情報をネットなり得たものからすると


以前もアンバランスなものがダイエットフードとして売られていたようです。(知恵袋より)


バランスを補うも多めに与えるなどもあるそうです。

2010/9/416:31:09

販売元からは成長期~1年未満の若いハムちゃんに適しているという説明の元で販売されている物がMFで、CR-LPFは肥満が気になるハムちゃんへという説明の元で販売されているようです。

MF成分
水分7.7g/粗蛋白23.6g/粗脂肪5.3g/粗灰分6.1g/粗繊維2.9g/可溶性無窒素物54.4g/カロリー360kcal(100g)

CR-LPF成分
水分7.6g/粗蛋白16.8g/粗脂肪4.2g/粗灰分6.1g/粗繊維4.5g/可溶性無窒素物60.9g/カロリー348kcal(100g)


因みにうちは12日で生後4ヶ月になるパールホワイト♀を飼ってますが、MFの大粒にCR-LPFの小粒をまぜて与えています。

どちらも食いつきがよいです。

平均体重もキープしています。

どちらが良いと一概には言えませんが、MFとCR-LPFの容量が少ないタイプを両方購入され、お試しされてみてはいかがでしょうか?

但し小粒タイプは本当に軟らかいので、歯が気になるのであれば大粒タイプがお勧めです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる