ここから本文です

ロビンソンクルーソー 漂流記

Kさん

2010/9/1122:00:14

ロビンソンクルーソー 漂流記

ロビンソンクルーソーのお話で、主人公の語り口が「ぼく」で語られている本があったら教えてください。出版社や訳者など。
子供向けではなく文庫版だったら尚可です。
子供のころ面白く読んだものは「ぼく」だったと思いますが、最近読んだ文庫では「私」となっていました。
大人向けなんでしょうか・・・ちょっぴり読みにくかったのです。

閲覧数:
526
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

タイシンさん

2010/9/1122:40:20

読むのは自由ですが、おそらく貴方がもう一寸大人になると、大英帝国主義に反感を覚えるようになり、もっと年をとると、1人称が僕だろうが私だろうが俺だろうが、どうでも良くなります。
フライデイの方がピュアで、ロビンソンを食っちまえば良かったと思います。まあ、極端な意見ですけど。

ロビンソン・クルーソーが小説濫觴の祖と言われていますが、「源氏物語の方が先」との意見もあります。
無人島モノには、「15少年漂流記」「蝿の王」等もあるので、色々読むといいと思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

Yahoo!知恵袋 特別企画

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる