クレジットカードとデビットカードって違うんですか?何が?

クレジットカードとデビットカードって違うんですか?何が?

デビットカード1,045閲覧

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

クレジットカードは信用ある人向けで後払い。 デビットカードは信用ない人向けで(銀行)口座から即時払い。

その他の回答(3件)

0

クレジットカードは「信用貸し」とも言い、カード会社が一時的に「立替払い」してくれるシステム。 逆を言えば、利用者からすれば、一時的な借金をするカードのこと。 もちろん、クレジットカードで使った代金は、所定の期間(1ヶ月サイクル)で取りまとめ、所定の支払方法(主に口座引落)で返済します。 立替払い(借金)だから、返済方法も任意で選択可能。 1回払い、2回払い、3回以上の分割払い、ボーナス1回払い、ボーナス2回払い、リボ払いなど。※返済方法はカード会社によって違う。 カード会社は立替払いをするわけだから、その人に返済能力があるかどうかを、きちんと審査します。 それがクレジット(入会)審査。 定職に就いているか、それで定収入を得ているか、他社で延滞や未払いなどを起こしていないか、などを調べて、クレジットカードを貸与しても返済が出来る・・・と判断されれば発行されます。 クレジットカードは、カード会社が支払い(立替払い)を保証するもので、そのため、これだけ普及したわけで、ネット通販などもクレジットカード決済すれば、直ぐに商品発送してくれます。 ---------- >デビットカード いちおう「クレジットカテゴリ」への投稿で、かつ、クレジットカードを比較にしているので、この質問は「VISAデビットカード」を取り上げたものと推察します。 VISAデビットカードは銀行口座と直結して、決済と同時に利用代金が即時引落になるシステムです。 つまり、口座残高範囲が利用限度額ということ。 なので、借金にはなりません。 VISAの決済システムを応用していて、基本的に「VISA加盟店」なら実店舗でもネット通販でも、VISAデビットカードで決済が可能です。 使い方はクレジットカードと同じ手順で、実店舗ならカードを読ませて、オンライン認証が通ればOKとなります。※レシートへのサイン・サインレス、または暗証番号の入力を要する場合あり。 ただし、決済=即時引落=講座範囲内、なので、決済時に選択できるのは「1回払い」のみ。 支払いの保証が無いわけですから、分割払いなどは出来ません。 前述したように、銀行口座と直結しているので、現行で取り扱っているのは「スルガ銀行」と「楽天銀行(旧イーバンク銀行)」の2行のみです。 正確には「VISAデビット機能付きキャッシュカード」と言い、スルガ銀行は「SURUGA VISAデビットカード」と呼び、楽天銀行は「楽天銀行デビットカード」と呼びます。 ---------- おおまかに書いても、かなり違いが分かるはず。

0

クレジットカードは一時的にカード会社に立て替えて支払いしてもらえ、デビットは即座に口座から引き落としされるので、口座に残高ないと買い物できません。それと利用できるお店も限られます。クレジットOKでもデビットは使えないことも多いです。(海外はほぼ) ちなみに、VISAデビットカードと言うのも存在します。早い話が、VISAが使えるお店ならどこでも使えるデビットカードですね。

0

デビットカードは指定口座に入ってる分でのみ使用可能 クレジットカードは買い物・支払い・キャッシング可能!