ここから本文です

奨学金を返済できず、先日、債権が学生支援機構より民間の委託会社に移行したとい...

ww8********さん

2010/9/2110:22:53

奨学金を返済できず、先日、債権が学生支援機構より民間の委託会社に移行したという通知が届きました。

授業料や生活費をすべて自分で負担していたため、生活金融公庫の返済もあり、

現在は非常勤講師として勤務してい

るため、生活としてはギリギリで、奨学金の返済まで回りません。

このままだと、今後、どのようなことになるでしょう??

また、現状としては、どのようになってるでしょう??(ブラックリストに登録されてますよね…)

当方としての良い対応策があれば、ぜひ、教えていただきたいです。

よろしくお願いします。

閲覧数:
3,486
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yos********さん

2010/9/2110:51:55

まず、延滞が不可の場合願出により返還期限を猶予されることがありますよ。手続きされていましたか?(給与所得者で年間約300万以下)。すでに民間に移っていますので、早急に対応しないと以下のようになります。




民事訴訟法に基づく法的措置がとられます。



(1)支払督促予告・・・長期にわたり延滞し、督促しても返還しない場合は、本機構の顧問弁護士名で履行期限を指定した支払督促の予告をします。

(2)連帯保証人や保証人への請求・・・・保証人に連絡が行き、そちらから返済を求める

(3)勤務先への電話

(4)自宅、会社への訪問。・・・・・・一括返還の請求(法的処理によって、延滞金も含め、残額を一括で支払う請求を行う)


(5)支払督促申立・・・支払督促予告の指定期限を過ぎてもなお返還しない場合は、裁判所に支払督促の申立をします。

(6)仮執行宣言付支払督促申立・・・支払督促の申立をしてもなお返還しない場合は、裁判所に仮執行宣言付支払督促の申立をします。

(7)強制執行・・・仮執行宣言付支払督促の申立をしてもなお返還しない場合は、強制執行の手続きをとります。給料・財産の差し押さえ


•支払督促以降の手続きにかかった費用は、返還者の負担になります。
•返還金の充当順位は、督促費用があるときは、まず督促費用に充当し、次に延滞金、利息(第二種奨学金のみ)、最後に元金の順になります。

となります。当然ブラックリストというもの(実際にはありませんが)に名前も載ります。というか、すでに載っていると考えられます。

借りたものですので、返す必要があります。もし、300万以上の収入があるのなら、早急に返済に回す必要があります。


ともかく返せないのならば、返済猶予の手続きをして下さい。認められるかは不明です。
返せない以上それしかできることはないです。

質問した人からのコメント

2010/9/21 11:35:12

ご丁寧にありがとうございました。
猶予の手続きをさせていただくよう支援機構にも連絡し、また、委託会社にもその旨を伝えました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる