ここから本文です

医療保険、掛け捨てと貯蓄型で迷っています。

pin********さん

2010/9/2116:33:18

医療保険、掛け捨てと貯蓄型で迷っています。

恥ずかしながら36歳で初めて保険に加入します。(♀既婚です)
医療保険とがん保険を組み合わせる予定ですが、医療保険に関して、掛け捨てと貯蓄型で迷っています。
プランナーの方にも相談しているのですが、どちらが良い、とまでは言っていただけないので、こちらで相談させていただきました次第です。

60歳までに払い込みの場合、

・掛け捨て・・・合計1,728,000円
・貯蓄型・・・合計3,456,000円

を支払うことになります。
(毎月の給料は手取りで25万程度、医療保険+がん保険で、貯蓄型→月15,000円、掛け捨て→月10,000円程度です)

掛け捨てと貯蓄型で、月々の保険料の差額は5,000円程度となります。

検討している貯蓄型の医療保険は、解約する年齢にもよりますが、70%後半程度の返金が見込めるようです。
そうした場合、払い込みのトータル金額での単純計算では、貯蓄型の方がお得、ということになります。

現在子供はいませんが、作る予定でいます。
また私も夫も正社員で働いており、私は子供ができても辞める予定はありません。

このような場合は、やはり貯蓄型にしておいた方がよろしいでしょうか?
貯蓄型は保険会社の破綻の可能性や、返金時の利率の点からオススメしない人も多いと聞きます。
ただ、貯蓄型にしておくと、子供の入学金等の一時的に必要な大金をそこから当てることができると聞きました。
もちろん掛け捨てにして、その分は自分たちで貯金するという方法もあると思いますが、一般的に皆様はどうされているのでしょうか・・・?

無知で申し訳ありませんが、アドバイスいただけますと嬉しいです。
情報が足りない場合は、ご指摘ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

補足皆様、短い時間にこんなにたくさんのご回答をありがとうございます。
掛け捨てというご意見が多いですね。

入学金等に当てると記載した件ですが、解約するのではなく、現在検討している保険会社は、途中で自由に引き出しができるそうです。その分は返金分のトータル金額から引かれることになります。
でもこの保険を一生見直さないとも言い切れませんし、払い込みも終身払いにして月々の負担を減らすという方法もあるのですね。。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
66,311
回答数:
8
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cad********さん

編集あり2010/9/2117:24:08

まずは冷静に考えてください。解約返戻金ありの場合、今言っていることは解約して解約返戻金を得る、という前提の話しです。
それって最初から解約する前提で入らないとその通りにならないことに気づいてください。
医療保険はいつか辞める前提で考えているわけではないですよね?もし今加入の内容が気に入っている、もしくは途中で大病してほかの医療保険に乗り換えられない等の状態なるとやめることができず、単に割高の医療保険に加入していることになってしまいます。このような時教育資金目的で加入していたら辞めるかどうか悩みませんか?

終身保険のような貯蓄型の保険だと年数が進めば進むほど解約返戻金が増えていくので、辞め時に関してはあまり気にせずに必要な時に辞めることができますが、医療保険の解約返戻金はピークの年齢があるはずです。医療保険を何歳まで続けるおつもりか分かりませんが想定している辞め時と解約返戻金のピークが異なれば迷うはずです。
しかし解約返戻金のピークを気にして保障を続けるか辞めるかを悩むのは保険の保障の観点から考えると本末転倒ではないですか?

保険は保険、貯蓄は貯蓄と別々にお考えください。掛け捨てで浮いた分で貯蓄しても良いはずですよね?

ご参考になれば幸いです。


追記です。
「現在検討している保険会社は、途中で自由に引き出しができるそうです。」と言ってますが、これ勘違いしてませんか?これは契約者貸付と言って引き出した分に貸付の利息がかかります。返金しないとどんどん利息分が上乗せされる仕組みですよ。ちゃんとそのような説明を受けていますか?よく知恵袋でもいい加減な担当者が無利息のごとく引き出せます、と言う説明をしてトラブルになった相談があります。本当に無利息で引き出せるのかどうか確認してみてください。一般的には解約返戻金と配当金以外の受け取りは利息がかかるはずです。

質問した人からのコメント

2010/9/22 12:56:30

降参 皆様、親身なご回答を本当にありがとうございました。お1人お1人のご意見、じっくりと読ませていただきました。自分の無知を再確認したと共に、今後は皆様のアドバイスに従って、納得のいく保険選びをしたいと思います。またご相談させていただくかもしれませんが、その際にはどうぞよろしくお願いいたします。本当にありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tos********さん

2010/9/2200:42:24

私も解約返戻金がある医療保険持っています。
この保険を買う目的が明確になっていないのではないでしょうか。
この保険を買う目的は一生涯の医療保障と葬式代です。貯蓄ではありません。
数年後に万一が起きても長生きしても捨てるお金が一番少ない保険です。
このような保険は医療保険に死亡保障100倍とか付いていませんか。
1万円/日なら100万円の死亡保障です。
解約返戻金が100万を超えれば、その解約返戻金の額が死亡保障となります。
万一の確率が高い70代80代で250万とか90代でも200万ぐらいあるのでは。
そしてこの解約返戻金の7割はいつでも貸付できます。年利3%だったかな
返さなければ死亡保険金額からひかれて支払われます
もちろん医療保険は解約はしない前提ですからこの解約返戻金で葬式代以外の資金準備を考えてはいけません。
不測の事態に銀行などで借りるよりはいいので、このお金を借りようぐらいの気持ちでないと。

目的を明確にしましょう。医療保険で貯蓄を考えてはいけません。
60歳まで払っていける余裕があるならいいのではないでしょうか。
葬式代は他で準備しているなら死亡保障のない掛捨てでいいかと思います。

low********さん

2010/9/2200:04:49

医療保険に対する思考として 総支払額 を先に考えてしまうならば 契約しない が正解です。保険の最大の特徴は 契約初月から 保険契約が有効である ことで 預金と全く異なることです。
あなたが 20年後に病気にかかる とわかっているならば 保険は不要で かわりに 預金をするが正解です。
保険は いつ何が起こるかわからないから それに対し備える もの ですから。
費用対効果を論ずることは正論とさえ思えますが 実は 預金のテーブルに 異質の保険を無理矢理持ち込んだ議論であり、比較する という作業は出来ないものであるのです。
どうしても 預金と保険を同質ととらえることから意識がはなれないならば あなたにとって、保険は 損をする買物 以外なりえないのです。
預金も保険も お金の話 ですから 同列である との認識は生じる ことは私は理解しますが、
しかしながら さらにもう一歩踏み込んで
預金と保険は異質である という思考まで 到達されることを祈ります。

ple********さん

編集あり2010/9/2119:10:38

医療保険で170万って、ガンでも170万あればなかなかの治療ができるだろうに、どうしてそれを治療費ではなくて、保険に費やすのかイマイチ理解に苦しみます。現金だと通院だろうが抗がん剤だろうがつかえますが、保険は約款にないと支払いはないですよ。なぜ自由なものを条件がついたものに変えるのでしょうか。それとも170万ぐらい払って保険金で300万ぐらいもらえそうですか?ガンは二人に一人しかならないので、それなら納得ですが。

失礼ですが、ご年齢的には共済の方がよいのではないかと思います。ガンの特約もありますし、60歳や65歳満了になったら保障を終了しても、差額や貯蓄でかなりの金額になってるはずです。終身医療保険を終身払いにしたとしても、平均寿命まで払ったら、保険料総額がふくらみ保険が家計の助けではなくて、リスクになるのではないでしょうか。

pag********さん

2010/9/2117:03:43

終身医療保険なので途中で解約はしませんね普通は。
最大70パーは魅力に感じるでしょうが余分に払って
戻してもらうのは変だと思いませんか。

5000円の差額を貯蓄に回しても、いつでもノーリスク
100パー以上で引き出し使えるのに、わざわざリスク付に
するのはどうでしょう。100万貯まってて入用の時思いつき
出そうとすると金利は取られるし満額も引き出せません。

中途解約時の返戻率も考えたほうがいいと思います。
私なら勧めません。貯蓄は別で検討しますね。

dai********さん

2010/9/2116:59:00

医療保険に関してはテレビCMで各社が競ってます。つまり、新商品が絶えず発売されている現状ですね。 これからもバンバン安くて良い保証の保険が出ます。掛け捨ては乗り換えが容易ですが貯蓄性はありません。あと、ご自身の会社の健康保険でどれくらい保証されるか確認して下さい。私は会社の健康保険で自己負担が最大で2万円なので、あえて医療保険には入らず貯蓄してます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる