ここから本文です

核爆弾って結局どんなものなのでしょう? 僕の中の核爆弾と言えば 「原子の力...

fec********さん

2010/9/2423:18:55

核爆弾って結局どんなものなのでしょう?

僕の中の核爆弾と言えば
「原子の力でいろいろ頑張って爆発させるもの」
というような、恐らく核爆弾に詳しい方が見たら怒りそうな考えしかありません。

なので、
「核爆弾はどのようにして物凄いエネルギーを生み出しているのか?」
と言うことを教えて下さい。

お願いします。


(「核爆弾と言っても種類が一杯あって、それぞれでエネルギーの生み出し方が違う」
というようなことがありましたら、代表的な物でお願いします。)

閲覧数:
144
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tit********さん

2010/9/2502:01:47

前の二人の方が一般の理解でしょうね(汗


私も大学院で習った程度なので専門家とは程遠いですが、お話しします。結構長いですよ。


まずいきなり衝撃的かも知れませんがあなたの知ってる決まりを二つぶっ壊します。

①質量保存の法則
②原子はそれ以上分解出来ない

この二つです。

まず質量保存の法則ですが、鉄と酸素が結びついて酸化鉄が出来たら

鉄の重さ+酸素の重さ=酸化鉄の重さ

って習ってるでしょうけど、本当にわずかに酸化鉄の方が軽いです。(原子力というか結構物理分かってる人しか知りませんのでお父さんお母さんに聞いても無駄かも知れません。)

何故かというと、鉄と酸素から酸化鉄が出来るときに熱(エネルギー)が出ますがこのエネルギーがどこから出てくるかというと鉄と酸素の質量を削って出てくるのです。

ようするに物を消してエネルギーに出来るんですね。
そしてこのエネルギーは消えた物質の質量をm
光の速さをcとして
E(エネルギー)=mc^2と表されます。

ようするにちょびっと軽くなっただけでものすごいエネルギーが出るよって事です。

②次に原子はこれ以上分解しない。ですが、核反応ではまずウラン235という金属に中性子というものをぶつけて起こします。

ウランに中性子をぶつけるとそれがネプチウムという物質になってそれからプルトニウムという物質になります。
これは通常は起こらない反応です。これは重い原子が分裂して軽い原子が出来るので核分裂といいます。

この核分裂の時に普通の化学反応よりも大きな質量がエネルギーとなって消えるので莫大なエネルギーが出ます。

このエネルギーはすさまじく広島か長崎(どっちのかは忘れました)に落ちた爆弾なんぞ大きさは直径2mもないのにあの威力です。


核反応には核分裂ともう一つあって、核融合というものがあります。

これは太陽で起きている反応で、水素がヘリウムになるときに同じように質量をエネルギーにします。


質量をエネルギーにするっていう言葉の意味が分かりづらいと思うのでこれだけで分かるのは正直キツイと思いますが、まぁ要するに
原子の力でいろいろ頑張って爆発させるものです。w

質問した人からのコメント

2010/10/1 19:20:35

降参 ご丁寧にありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

あらかさん

2010/9/2500:47:22

Newtonで読んだあやふやな知識で回答します。

いわゆる放射性元素は電子だったかをぶつけると、「もう無理」ってことで崩れて電子を放出します。

それが他の放射性元素に当たり…
を繰り返して体積が上がる。


こんな感じだったと思います。
わかりにくくてすみません。

o_0********さん

2010/9/2423:40:33

水素爆弾

原子殻が電子1つだけを持っているので、それを奪うには莫大なエネルギーが入ります。それを利用したのが水素爆弾です

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる