ここから本文です

中国が日本に対してレアアースの輸出を禁止すると脅してますが、レアアースは中国...

アバター

ID非公開さん

2010/9/2513:26:37

中国が日本に対してレアアースの輸出を禁止すると脅してますが、レアアースは中国でしか産出しないのでしょうか?
それとも他の国にもあることはあるが未開発なだけでしょうか?

あそこまで高慢なやり方で日本に圧力をかけてくる中国の姿勢は許しがたいものがあります。
アフリカや他のアジア諸国でレアースが産出する可能性があるのであれば日本がそれらの国の開発を支援して、そちらから輸入することも出来ると思うのですが・・・。

閲覧数:
346
回答数:
5
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

まことさん

2010/9/2515:29:10

日本にも熱水鉱床にありますし、世界中にあります
中国のシェアが大きいのは、鉱石からの採掘の費用が安いからです
元が切りあがったり、労働者が暴動を起こせば、他の国でも
採算がとれるようになると思いますよ

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

llu********さん

2010/9/2513:50:19

中国は発展途上をいうことで受け取ったODAを横流しし、アフリカのレアメタルを押さえてきたのです。
もちろん発展途上を自称する国のやることではないですが、日本側もマヌケです。自分たちの出したお金によって脅すような国を作ったのだから。

ただ、安心できる点もあります。
中国はレアアースはありますが、これを加工する技術はいまいちです。
技術のほうは日本が持っています。
本来、脅されたからといって一方的に困る関係でもないのです。
中国は日本から部品を買わないと、まともな輸出品も作れません。経済で喧嘩して負けるとはとても思えません。

kab********さん

2010/9/2513:44:04

レアアース→レアメタルの事ですね
中国が90%のシェアを持っています

レアメタルとは

レアメタル、希少金属(きしょうきんぞく)は非鉄金属のうち、様々な理由から産業界での流通量・使用量が少なく希少な金属のこと。

レアメタルは非鉄金属全体を呼ぶ場合もあるが、狭義では、鉄、銅、亜鉛、アルミニウム等のベースメタル(コモンメタルやメジャーメタルとも呼ばれる)や金、銀などの貴金属以外で、産業に利用されている非鉄金属を指す。

レアメタルの産出地は、中華人民共和国・アフリカ諸国・ロシア・南北アメリカ諸国に偏在している。

レアメタルの産地に関する特徴として、ほとんどのレアメタルが産出量上位3カ国で50%~90%の埋蔵量を占めている。
例えば希土類元素(レア・アース)やタングステンは中国だけで90%以上の埋蔵量があり、バナジウムは南アフリカ、中国、ロシアの3か国で98%を占める。
これらの国の政策、経済情勢、政情不安などによって、将来さらに入手が困難になることが予想されており、安定供給やリサイクル技術の確保が求められている。

今日本でこれらを使用しない方法を研究開発中ですが、一部しか実用化されていないのが現状です

피카츄さん

2010/9/2513:41:35

中国が世界のレアアースの産出量の90%以上を占めます。
他の国にもあると思いますが、日本が本気を出せば
レアアースの代替技術はすぐ出来上がると思います
http://column.onbiz.yahoo.co.jp/ny?c=ma_l&a=021-1235627403

ami********さん

編集あり2010/9/2513:38:47

他にもあるが未開発と言うことらしいです。ブラジル・南アフリカ・オーストラリア・カナダ・カリフォルニアにも鉱床があります。ただし、精製には環境負荷がかかるそうで、軌道に乗るのは当分先だそうです。ただし、イオン吸着型鉱床は,中国でのみ発見・開発されている鉱床だそうです。

日本企業は、レアアースに依存しない代替材も開発中です。今回のことでシナリスクがいっそう明白になりました。本気で取り組むと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる