ここから本文です

救助犬について調べているのですが犬種や主にどのような活動をしているのかどのよ...

hib********さん

2010/9/2612:13:25

救助犬について調べているのですが犬種や主にどのような活動をしているのかどのような犬が向いているのか知りたいです早めの回答を待ってます

補足まともな情報が出ないから他人を頼ってるんですよ

閲覧数:
2,303
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sal********さん

2010/9/2612:58:36

国によって使われている犬種が違います。

一口に救助犬といっても、さまざまなな形態で働く犬がいます。

まず、嗅覚で遭難者やご遺体を捜索するのにはラブラドールやシェパードなどが使われます。スペースが限られているような場所で嗅覚捜索をする場合はビーグルが使われます。このたぐいの種類は、水上以外ではどこでも遭難者を探すことができます。

遭難者を発見したら、ほえて主人に知らせたりするのがこの種の犬の役割です。ちなみに、イタリアではトリュフを探すために使われている犬種である、ロマーニョ・ウォーター・ドッグという種類も採用されています。

災害救助犬・山岳救助犬は、山林や地震被災地で被災者を探します。山林では体力の優れた大型犬種が使われ、地震被災地では小型の犬種が用いられています。

山林では先に述べたシェパードやラブ、ドーベルマン、あとイタリアではルーポ・イタリアーノという狼犬も用いられています(イタリアでは変わった犬がよく使われていますね)。海外だと、猟犬種も結構使われています。

山林での救助犬の仕事は被災者を探して主人に知らせるためほえたり、いったんその場を離れて主人を被災者の下へ案内して連れてくることなどです。このために頭がよく、体力のある犬種が採用されています。

かの有名なセント・バーナードも、山林での救助犬の一種です。この犬は雪山で遭難者を探すことが仕事で、首に下げたたるの中には遭難者に飲ませて体温を上げさせるウイスキーが入っていることでおなじみかと思います。ところが、最近は体が冷えた遭難者にウィスキーを飲ませるのは危険で命を落とすのにつながることが解明され、たるの中には特性ドリンクが入っています。

セント・バーナードの作業方法については、「セントバーナード バリー」などと検索すると出てくるかと思います。

地震などの被災地では、ケアーン・テリアやウエスティなどのテリア種のほか、ダックスフントなどが使われています。これらの犬種は地中で獲物を狩っていた犬たちで、地中作業が器用なため採用されています。狭い隙間にもぐって被災者を捜索し、発見するのがその任務です。

水難救助犬は、海上や河などでおぼれたりしている人を助けるために使われる犬です。ラブ、ゴールデン、フラットコーテッド・レトリーバー、カーリーコーテッド・レトリーバー、ノヴァ・スコシア・ダッグ・トーリング・レトリーバー、F1レトリーバー(ラブとゴールデンのハーフ)などのレトリーバー犬種の他、ニューファンドランド、ランドシーアなど、さまざまな泳ぎの得意な犬種が使われます。

共通する点はしつけがしやすく攻撃的な面が無いことです。そして、遭難者の体をしっかりと、しかしきずつけないように咥えて離れないようにする「ソフトマウス」という技術を習得できるという点です。

遭難者が発見されると、仕事が始まります。通常2頭で繰り出され、波を立てないように静かに泳いで被災者の下へ向かいます。そこにたどり着くと、2頭で両手を咥えて引いたりなどして浅瀬へ誘導します。この間、被災者がおぼれそうになると、その体を下から支えて息ができるように補助することもあります。浅瀬に着くとそっと咥えをはずして任務完了です。

長くなってごめんなさい。
大まかに言うとこんな感じのお仕事です。

質問した人からのコメント

2010/9/26 13:36:26

降参 こんなに詳しく書いて下さってありがとうございます

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる