ここから本文です

アマチュア無線で○○Hzという言葉をよく聴くのですがこの「Hz」が変わるとどのよう...

kei********さん

2010/9/2721:07:37

アマチュア無線で○○Hzという言葉をよく聴くのですがこの「Hz」が変わるとどのように違うのですか?
初心者は何Hzぐらいからはじめればいいですか

閲覧数:
277
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mam********さん

2010/10/101:27:13

Hzは「ヘルツ」と読みます
ヘルツさんが発見したのでヘルツです

理科で習ったと思いますが
一秒間に波長が振動する回数の事です

1000Hz=1kHz
1000kHz=1MHz
1000MHz=1GHz
です

電波というのは結構身近で
ラジオなんかのAMやFMなんかが有名です

単純にHzが低いほど波長が長く
比較的障害物に関係なく遠くまで飛んで行きます
逆に高いほど波長が短く
障害物に弱い代わりに直進性に優れています


初心者ならまず144MHzがオススメです
FMラジオの76MHzの約二倍の周波数ですね

144MHz帯の機材は手に入りやすく
比較的安値で購入できます
もし仮に430MHz帯が一緒に付いた
デュアルバンドしか売ってなければ
そちらでもかまいません

出力(電波を発射する力)とアンテナに
よって変わりますが
大抵夜ですと10キロ以上飛びます

つまり10キロ離れた見知らぬ人と会話が出来るのです

慣れてきたら50MHz、28MHz、7MHz・・・と周波数を
下げていってみてください
より遠くの人と交信が可能になりますよ

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

bfl********さん

2010/9/2723:22:10

「Hz」は「ヘルツ」といって周波数の単位です。
周波数とは1秒間の振動数です。
1000Hzになると「千倍」を表す接頭語[k](キロ)を付けて 1kHz(1キロヘルツ)となります。
さらに 1000倍では[M](メガ)を付けて 1MHz(1メガヘルツ)となります。
さらに 1000倍では[G](ギガ)を付けて 1GHz(1ギガヘルツ)となります。

アマチュア無線では長波の135kHz帯からマイクロウエーブの248GHz帯まで許可されています。
http://www.jarl.or.jp/Japanese/6_Hajimeyo/shikaku.htm

周波数が異なるとアンテナの大きさが違ってきたり取り扱いの難易度が違ってくるのですが、一番大きなところでは電波の性質(飛び方)が変わってきます。
長波(135kHz帯、1.9MHz帯)では地表波といって地球の表面に沿って回り込んでいく伝搬が中心となります。
短波(3.5MHz帯~28MHz帯)では地表波はあまり遠くに届かず電離層で反射する伝搬が中心となります。電離層のコンデション次第ですが海外との交信にも多く用いられます。
超短波以上(50MHz帯以上)では直接相手に届く伝搬が中心になります。波長が短くなるので、波長に対して大きな規模のアンテナが実現できるようになります。これはつまり利得の高いアンテナや指向性の鋭いアンテナが実現できるということです。
http://www.ne.jp/asahi/yokohama/cwl/dempa.html

toy********さん

2010/9/2723:01:23

○○Hz(ヘルツ)初心者は144MHz(メガヘルツ)か430MHzから入った方が良いと思います。144、430両方使えるデュアルバンドも有ります。メーカのホームページを貼っておくので参考にしてください。http://www.kenwood.co.jp/products/communications/amateur/index.html
http://www.icom.co.jp/products/amateur/index.php 代表的な2代メーカーです。

kc4********さん

2010/9/2722:11:21

こんな質問して居る様では アマチュア無線の試験に受からないよ!

kou********さん

2010/9/2721:56:19

私が運用経験がある周波数帯(バンド)でご説明致します。
430MHzは、主にFMで近距離の通信に用います。コンテスト以外ではラグチュー(雑談)や単なる連絡が多いです。最近は不法局が多いです。144MHzは、主にSSBで近距離の通信に用います。ここもラグチューが多いですが、技術的な話もよくします。
50MHzは主にSSBです。夏の電離層が大変良い時であれば少ないパワーでも場所やアンテナが良ければ1000km先まで飛んで行ったり、今は少ないAMモードで交信してる方がいたりと結構面白いバンドです。
21MHzは主にSSBで長距離の通信に用います。電離層の状況がよければ悪条件でも飛んでいきます。かつては短波の入門バンドと呼ばれ、のんびりとした雰囲気がお気に入りです。
7MHzは主にSSBで国内いたる所の通信に用います。一日中出てる局が多くアマチュア無線の銀座とも呼ばれてます。コンテストでは局数が非常に多く、チームでやる場合、ココを任されるのは間違いなくチームのエースです。
このほか沢山のバンドがありますが、OM諸兄にお願いします

jro********さん

2010/9/2721:29:26

*こんにちは

http://www.yobology.info/text/frequency/frequency.htm

*簡単に、添付します。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる