ここから本文です

辞書で調べても、いまいち「概念」の意味が分かりません・・・ だから、使い方も...

mas********さん

2010/9/3020:48:10

辞書で調べても、いまいち「概念」の意味が分かりません・・・
だから、使い方もよく分かりません。
どんな風に使ったらいいのか教えていただけませんか?

閲覧数:
672
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

lov********さん

2010/9/3021:13:21

「個物」「現象」など具体的な「もの・こと」に関して、
その抽象的・普遍的な意味が概念と呼ばれます。

たとえば、誰でも良いので円を描いてみます。
そのすべては、定義上、円にはなりませんよね。
完璧な作図というのは、物理的には不可能です。
コンパスを使っても、筆記具の誤差があるので、
完成した「円」は「限りなく円に近い図形」です。

そう考えると、我々は「円という個物」に関して、
確かな知覚を決して持つことはできませんよね。
自然界にも、完全な円というのは存在しません。

しかし、我々は「円とは何か」を「知って」います。
「どのように定義された図形であるか」はもちろん、
「現にどのような図形であるか」も分かっています。

それは、我々が円概念を持っているからです。
つまり、そのような現実には存在できないけれど、
確実に存在はしている抽象的なものが概念です。


もう1つ、概念がよく使われる文脈としては、
異なる言語間の「翻訳」という状況があります。

「犬」「dog」「Hund」という3つの名詞はすべて、
ある哺乳類を意味します。ハチ公の種ですね。

日本語話者が「dog」という単語を覚えるとき、
そのへんを散歩している具体的な犬ではなく、
自分が知っている「犬」に関する事柄に関して、
「それをdogと指す」という手順を踏むはずです。

ここで考えられている「犬」に関する事柄こそ、
犬概念なのです。これは言葉で表現できます。
しかし、それが犬の定義とは限りませんよね。
生物学的な「イヌ」の定義は知らないでしょう?
でも翻訳は成功する。これは概念によります。


よく「イメージ」なんて説明されますけど、
非常に大雑把にはそれでも良いでしょう。
少なくとも、理解の手がかりとしては有用です。

ただし、「概念=イメージ」では決してありません。
イメージ「のようなもの」くらいに緩く考えたほうが、
最終的には理解の助けになるかと思います。

質問した人からのコメント

2010/9/30 21:23:49

成功 とっても詳しくてびっくりしました。
少しずつ理解していきたいとおもいます。ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

nib********さん

2010/9/3021:18:31

考え方、くらいの意味だと思ってましたが。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる