ここから本文です

未登記借地権の相続と対抗力について

moc********さん

2010/10/1316:50:57

未登記借地権の相続と対抗力について

Xが土地を賃借し、建物を建(表示登記も未登記)てて住んでいたが
死亡した場合、
土地賃借権が相続されることになると思いますが、

相続人が配偶者Aと子供BCの3人だった場合、
誰の名義で建物の登記をいれれば、
土地賃借権の対抗力を取得できるのでしょうか?
逆に、
どういったことをしてしまうと対抗力が得られないのでしょうか?

補足①法定相続どおり土地賃借権をABC共有とする場合、
地主さんの承諾は必要でしょうか?

②遺産分割協議により、土地賃借権をCが単独で相続する場合、
地主さんの承諾は必要でしょうか?

閲覧数:
770
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tri********さん

2010/10/1323:46:30

相続人が数人いる場合
遺産分割が終了するまで被相続人の財産は
一旦、共同相続人による『共有』となります。
(民法第898条,第249条 参照)

したがって
Xが所有していた建物はもちろんの事
Xが有していた土地賃借権(→債権)も
ABCによる共有となります。

したがって建物につき
とりあえずはABC名義で共有名義の登記をすれば
土地賃借権を
当該土地の新所有者に対抗出来るようになります。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

みうらさん

編集あり2010/10/1519:39:42

借地権者の名義にすることになります。
借地権の遺産分割をして、地主の承諾を得ることになります。
名義書き換え料を払います。

なお、土地に抵当権があれば、対抗できる手段はありません

基本的に両方とも必要です

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる