ここから本文です

人体の不思議展では、本物の人間が使われてるけど、誰を使ってるんですか?

god********さん

2010/10/2114:58:25

人体の不思議展では、本物の人間が使われてるけど、誰を使ってるんですか?

これって法律的に大丈夫?
すでにあるから、大丈夫だとは思いますが、
どうして本物の人間を、こんな展示に使えるのかが疑問です。

献体,本物,御遺体,人体,人間,不思議展,疑問

閲覧数:
123,459
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mod********さん

編集あり2010/10/2200:19:01

あなたの疑問は至極もっともなものです。大丈夫ではありません。

「人体の不思議展」が最初に開催されたのはもう十数年も前のことです。そのときは、この標本を作る技法を開発したのがドイツ人なので、ドイツで献体された人が使われていたようです。

しかし、今使われているのは、中国の死刑囚です。本人から生前に同意をとったということになっていますが、妊婦の標本など、どう考えてもおかしいものがいっぱいあります。特定の宗教の信者を弾圧して死刑にしているという噂もあります。展示品も、学術的というよりは死体をオモチャにしているとしか思えないものが多いです。

最初の展示のときは、解剖学会やさまざまな医学関係の団体が後援していましたが、今では皆とりやめています。反対運動が起きているほどのものです。はっきり言えば、この展覧会に行って主催者にお金を落とすのはやめるべきです。

<補足>
他の回答の中にいい加減な記述がありますので鵜呑みにせぬよう願います。

献体は、少なくとも日本においては、「使ってくれと書いておけば使われる」ことはありません。各大学ごとに組織される、献体のための団体に入会しておく必要があります。献体に必要な人数は毎年大体決まっているので、希望者が多い大学では入会を断ることがあります。

また、「解剖しては縫いホルマリン漬けにして何回も使われる」なんてことはあり得ません。解剖実習では、実際の人体でしか学べない内容を学ぶために、貴重な御遺体を無駄にせぬように、実に綿密に観察します。

知識の無い人は腹を割いて内臓を引き出して終わりと思っているようですが、実際には神経や血管の走行を見るため、首や腕や脚もしっかり解剖します。体の奥深くにある神経や血管を見るためにはその上にある皮膚や筋肉を取り除く必要があるため、実習が終わるときには、御遺体は細かな肉片骨片になっています。縫い直すなんてことは不可能です。

実習が終わった御遺体は荼毘に付して、お骨は御遺族に返すか、納骨堂に埋葬します。

「人体の不思議展」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ann********さん

2010/10/2115:23:30

献体と言う制度があり、大学病院などで事前に了承を得てて、

解剖やこういう展示物に使われます。医師の卵達はそうして

学んでるのです。解剖しては縫いホルマリン漬けにして何回も

使われます。最後に埋葬が条件が多いのですが、展示物に

使う?医学の発展のためとは言え、良識を疑いたくなります。

sab********さん

編集あり2010/10/2115:15:00

献体という仕組みがあります。自分が死んだら献体に使ってと書いて置けば大学で使ってくれます
日本では死体をマイナスイメージで捉えますが、海外では解剖医は大変権威のある仕事で日本で言う外科医ぐらいの花形です。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる