ここから本文です

そういえばと思ったんだけど・・・

ces********さん

2010/10/2408:16:39

そういえばと思ったんだけど・・・

日本航空や全日空の国際線で”日本発”からのフライトならともかく”外国”からのフライトだと


出発時のディスパッチャーとのフライトに関する打ち合わせはどうしているのですか?

いくらエアラインパイロットたちで英語で管制官と交信をしてるとしてもすべてのパイロットたちが英語を日常会話まで

できるとは限らないし・・・と思ったんですが、、、どうしているんでしょうか??

また日本からのフライトなら自社のディスパッチールームでやっていると思いますが、到着後もフライトに関してのブリーフィングを

やりますよね?


それらの際JALやANAのパイロットたちってどこの航空会社のディスパッチルームを使っているのでしょうか??


ANAならスターアライアンスだからUNITED AIRLINESですか?

JALならワンワールドだからAMERICAN AIRLINEのところを使っているのですか?

閲覧数:
475
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nan********さん

2010/10/2813:39:13

海外の空港に依りますが、
自社で運行管理の事務所を持っている場合や、現地の運行管理会社に
任せている場合など様々です。
フライト前のブリーフィングは決まり切った言葉、会話ですので
英語で行ってくれれば何の問題も有りません。

エアラインのクルーは程度の差さえあれ、それくらいの英語を
理解する能力は当然あります。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

tip********さん

2010/10/2409:05:47

就航地には自社のオフィスをもっていて、日本語を話せるスタッフが常駐しています。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる