ID非公開

2010/10/24 22:44

44回答

電動工具。振動ドリルとハンマードリルの違いを教えてください。

電動工具。振動ドリルとハンマードリルの違いを教えてください。

DIY62,732閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

1人が共感しています

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

8

仕事は同じ事をします 振動ドリルは6ミリか8ミリ以下のコンクリの穴あけ ハンマードリルはそれ以上で25ミリくらいまで それ以上はコアドリルです。

8人がナイス!しています

その他の回答(3件)

4

振動ドリルは、軸が微妙にブレながら高速回転し、作業者がドリルを対象に押し付けることで切り込んでいきます。ハンマードリルは、対象に前後方向の打撃を加えながら穿孔していくので、あまり押し付ける必要ありません。キリの形状も違い、振動ドリルは丸軸のキリをチャックでくわえます。ハンマードリルは、小型だとSDSプラス軸、大型は六角軸又はSDSmaxです。ハンマードリルの中には、回転を止めて打撃のみでコンクリートのハツリに使えるものもあります。振動ドリルはハツリは出来ません。 同じモーター出力で比べると、コンクリートの穿孔能力は圧倒的にハンマードリルのほうがあります。現在では、振動ドリルの主な用途は、木造住宅の配管やダクトの外壁貫通穴あけです。モルタル塗外壁の大口径穴あけは、振動コアであけるのが一番速いです。サイディングの時は回転モードで開けます。

4人がナイス!しています

5

打撃力の違いと思えばよろしいかと思います。振動ドリルは小さな振動で細い穴あけに適しています。一方、ハンマードリルは打撃力がハンマーでたたくように強い衝撃で回転しますので、大きな穴あけに適しています。

5人がナイス!しています

7

振動ドリルは、打撃数が高く毎分20000回位、ハンマードリルは、4000回です、モルタル、タイルなどの小さな穴開けには振動ドリルが向いています。コンクリート、石材などの穴開けには、ハンマードリルが向いています、打撃数は少ないですが、打撃力が強いです。たとえれば、ベニヤ板等に小さな釘を打つときに軽い小さな金槌で、数多く打つのを振動、大きな釘を大きな金槌で、打つのをハンマーと考えれば良いと思います

7人がナイス!しています