ここから本文です

最近ではダイワスカーレットとウオッカみたいなライバル同士の名勝負で一番印象に...

シックスセンスさん

2010/10/2618:14:23

最近ではダイワスカーレットとウオッカみたいなライバル同士の名勝負で一番印象に残ったレースってなんですか?

閲覧数:
167
回答数:
11

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jal********さん

2010/10/2621:01:46

テイエムオペラオー対メイショウドトウですね。

宝塚記念・天皇賞秋・JC・有馬記念・天皇賞春と
GⅠでは5回連続オペラオー1着・ドトウ2着でした。
初対決から1年後の宝塚記念でようやくドトウが勝ちました。
その後も天皇賞秋・JC・有馬記念で対決しましたが、
アグネスデジタル・ジャングルポケット・マンハッタンカフェが立ちはだかり、
どちらも先頭でゴールを駆け抜けることはありませんでした。

質問した人からのコメント

2010/11/3 00:53:51

みなさん多くの回答ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/10件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tak********さん

2010/10/2702:32:07

スプリンターズステークスのフラワーパークVSエイシンワシントンのハナ差わずか数cm(2cmでしたっけ?)。審議の時間の長いこと長いこと。熊ちゃん(熊沢騎手)惜しかった。

rcg********さん

2010/10/2702:19:26

スワンS、マイルCSのサクラバクシンオーvsノースフライト。2頭とも恐ろしく強かった。若い連中にも是非観てほしい。

era********さん

2010/10/2700:23:44

1990年高松宮杯の、華麗に逃げるシンウインド(サマーウインドのお母さん)と、バンブーメモリーの鬼脚の対決です。

ゼットさん

2010/10/2623:28:29

色々あるけど、みんな出ちゃったので。

1991年オークス。イソノルーブルとシスタートウショウ。
桜花賞で落鉄したまま走った裸足の女王、イソノルーブル。
オークスでも逃げを打ちましたが、鞍上、松永幹夫が「頼む、ルーブル。ゆっくり走ってくれ。」と道中祈ったという言葉が感動的でした。
ゴール前猛然と追い上げた、角田晃一騎乗のシスタートウショウをハナ差、かわしオークス制覇。

ハナ差なのに負けを認めた、角田晃一のガックリうな垂れる姿も印象的でした。

loo********さん

2010/10/2622:41:35

1977年有馬記念がすでに出ているので、1976年の中山記念にしましょう。
その後も長らく戦い続ける、後の天皇賞馬アイフルと中距離の名馬ヤマブキオーの対決。
常にそつなく伸びるレース巧者のヤマブキオーがこのレースも直線正攻法で抜け出したところを、常に位置取り負けするレース下手アイフルが4コーナー大外捲くりでゴール前猛然と追い込んだこのレース。勝ったのはアタマ差でヤマブキオーでした。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる