ここから本文です

肺活量について スポーツ医学に詳しい方にお聞きします。私は、肺活量が6800あ...

k_i_d1173さん

2010/10/3117:07:41

肺活量について

スポーツ医学に詳しい方にお聞きします。私は、肺活量が6800あります。 よく「お前すごいな」と周りに言われますが、一般的に、肺活量が多いと何か良いことあるんですかね?
ちなみに、走んのは遅いしスタミナがない。力はある方だと思います。
スポーツはサーフィンと水泳してます。
また、肺活量が多い事で逆にマイナスになる面があれば教えて下さい!

閲覧数:
19,884
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

o_kakehashiさん

編集あり2010/11/110:42:35

肺活量が多ければ、心肺機能特に呼吸機能に優れるため、中長距離系の運動に有利になります。
マイナスになることはありませんが、多ければ多いほど有利ということはありません。
ただ競泳の場合、肺が大きければそれだけ大きな浮力が得られ、より身体を浮かせることができるため、有利と言えます。

水泳では水圧下で呼吸しているため、陸上で行う運動よりも呼吸筋が自然に鍛えられます。
だから水泳選手の肺活量は、他の種目の選手より平均して多いようです。

質問した人からのコメント

2010/11/3 05:01:29

成功 分かりやすい説明ありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

vx532486eさん

2010/11/106:56:52

まずは、すばらしい肺活量ですね
成人男性の推測正常値=(27.63-(0.112×年齢))×身長 ですから

水泳選手は一般的に肺活量は多いと思いますが、大切なのは動脈血酸素飽和度
低い肺活量でも酸素運搬能力が高いと良いという理屈ですが、肺活量は多いほうがスポーツをするならば有利でしょうね
基礎代謝も上がりますしね

医学的には胸の中に占める肺の割合が多い分、どこかに弊害がでるかもしれないという素人考えです
スポーツ選手ならスポーツ心臓で心臓も大きくなるので、あるとしたらそれ以外の臓器への影響かな
胃下垂とかになるのかなぁ、食事をすると下腹が出るとか・・・

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。