ここから本文です

CLANNAD after story で…

las********さん

2010/11/321:24:50

CLANNAD after story で…

朋也の父、直幸が警察に捕まり刑務所に入りましたよね。そこに面会に行った朋也が怒って直幸に話しかけても、全く無反応で朋也を見つめていましたが、この時直幸は何を考えていたのでしょう…?捕まった理由は麻薬か薬ですよね。そのせいであの表情だったと言えばそれまでですが…何か他の事を朋也に伝えたかった様な気がしてなりません。皆さんの考えをお聞かせください。

閲覧数:
4,095
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

war********さん

2010/11/321:31:09

僕なりの考えですが
直幸さんはこれまでの人生で、多くのモノを失っています
妻や友人やお金やなど…
その中で心も失いかけていたのではないでしょうか?

息子に対して申し訳無いと思っても、それに心が上手く反応できなかったのでは…

また、自分は何も息子には言えない…
そんな風に思ったのではないでしょうか

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ver********さん

2010/11/400:13:49

放心状態だったのでは無いでしょうか?直幸さんは、自分が一番幸せな時に愛する妻を交通事故で亡くし、たった一人の息子を誠心誠意一生懸命育てました。恐らく朋也の笑顔が唯一の支えだったのでしょう。所が、朋也が中学3年の時に喧嘩(恐らく原因は、朋也の素行でしょう)して以来深い溝が出来てしまいます。でも尚、朋也を一人前成るまでに育てる為に働きました。一向に溝が埋まらないまま、とうとう朋也は家出してしまいます。唯一の支えを失った直幸は、何もかもに絶望して闇の道に手を出し、捕まってしまいました。落ちる所まで落ちた直幸は、感情をも失い朋也が面会に来ても何も感じなかったのでは無いでしょうか?

kan********さん

2010/11/322:56:28

最近思い始めたのですが、アニメに直接描写されてない箇所は深く考え過ぎない方が良いと思います。keyの作品なんか特に理解が難しい場面が多いです。作品を何度も見直して理解を深めるのは良いと思います。それ以外は多少疑問点があっても受けとめた方が純粋にその作品を楽しめると思います。

nak********さん

2010/11/322:29:39

CLANNAD良いアニメですよね(^^

朋也の父の直幸の過去の話はご存知ですか?
刑務所に入ったシーンのあとに明かされるのですが。
直幸は高校卒業してすぐに「結婚する」というので周りから反対されていたけれど
直幸は妻と一緒にふるさとをたち、二人で古いアパートに住みます(このときの朋也と渚と同じ状態です。彼らもアパートに二人で住んでます)。
そして、朋也を生んで、二人は最高に幸せの時期に、朋也の母が事故で亡くなる。
悲しいけれど、落ちぶれるわけにはいかない。幼い朋也が残っているから。
そうして、男手一人で育てるため、仕事にほとんどを費やした。

そして、政務所にはいって、朋也と渚と面会するシーンですが、
その時、おそらく直幸は

自分の息子は一番幸せな時期を愛する人と一緒に過ごしているのか、よかった

と思っていたのではないですか?

最終回近くでの直幸のセリフ
「もう・・終わったのだろうか・・・私は・・・もうやるべきことを果たしたのか?、・・・そうか・・・いつの間にか終わっていたんだなぁ」
という、最後の最後まで朋也のことを思っていることを意味するこの台詞からも証明できるのではないでしょうか?。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる