ここから本文です

赤ワインの賞味期限

rai********さん

2010/11/1508:40:03

赤ワインの賞味期限

赤ワインは栓を開けたら
酸化が始まってしまいますよね。

出来れば当日に飲みきりたいのですが・・・
そこまでお酒は強くないので何日かに分けて飲みたいと思っています。

空気を抜く栓も使っていますが
ボトルによっては使えない物があったり
そもそも、その手間が面倒になってきました。

程ほどに味わって飲めるのは
栓を開けてから、何日位なんでしょうか?

閲覧数:
1,513
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

HIKA-METALさん

2010/11/1508:48:50

厳密な話をすればワインは空気に触れた瞬間から劣化が始まるので、完全に最初と全く同じ状態を保つことは不可能です。しかし一方でタンニンが強く凝縮感のあるフルボディのワインは飲む2時間~12時間前に抜栓して空気に触れさせた方が香りが開いてくるという話もあるということでもわかるように、適度の酸化は劣化ではないという考え方も有ります。つまり味わいはどうしても変化するけれども、よほど長時間にならなければ悪い方向へ向かうものでもないということです。

空気を抜いて保存した場合、瓶に残されたワインの量にもよりますが、変化の速度は私の経験ではそのままただコルク栓をして置いておくのに較べると1/10~1/20ぐらいになるのではないかと思われます。1週間~2週間くらいは変化のレベルが許容範囲なのではないかと思います。しかしこれはワインにもよりますし、ワインの量にもよりますし、栓の密閉度、瓶の真空部分の真空度にもよります。何日か間があいてもその間毎日ポンプで空気を抜いたりしたほうがよいでしょう。味わいはどうしても変化しますが、この方法でいろいろ試してみると、初日より2日目の方がおいしいなんていうことはザラにあります。3日目の方がおいしいこともあります。

真空にする以外に、窒素ガスを封入するという手もあり、ワインショップでは窒素ガスボトルが売られていますが、真空にするほうが安上がりです。保存効果は窒素ガスの方がややいいかもしれません。

また、残りのワインを小さいボトルにいっぱいになるように移して、瓶の上に空気が全く無い状態にしてコルク栓をするという方法もあります。この方法でも保存できる期間は真空にするのとあまり変わらないと思います。

以上参考になりましたら幸いです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる