ここから本文です

下記への追加質問です。 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_deta...

q2l********さん

2010/11/1600:29:54

下記への追加質問です。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1450463554

200文字制限に引っかかってしまうので、追加質問です。


「雑所得」で確定申告を行うことにしました。

私の場合、下記の確定申告書で
ttp://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/kisairei2009/pdf/a/17.pdf

雑所得( PDH内: 雑・ウ )が50万、源泉徴収額( PDF内: 36番 )が5万となります。しかし、この金額は経費が一切考慮されてません。

最終的には、経費を引いた額を PDF内: ② に表記すれば良いのでしょうか??

( 確定申告時には、経費の添付書類などはいらない、とのことで理解しました。 )


下記サイトを見ると
ttp://mutu.okiraku117.org/

雑所得の場合、かなり経費に出来るみたいですが、フリーターの方はそれの内訳を書類に起こし、保管しているのでしょうか?


最後に、今回の場合、無職時の収入なので、雑所得として38万までは控除されるという認識で問題ないでしょうか。

よろしくお願いします。

補足補足質問になります。

>>給与所得と雑所得を合わせた所得から基礎控除はひかれます。
とのことですが、サラリーマンの場合、副業で20万だと思います。しかし無職になると、
給与所得も合わせて計算されるのでしょうか??

無職だと38万円( 給与・雑所得 )、サラリーマンは20万円( 雑所得のみ )、の基礎控除という事でしょうか?

閲覧数:
334
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

波平さんさん

編集あり2010/11/1601:52:41

q2localさん

>最終的には、経費を引いた額を PDF内: ② に表記すれば良いのでしょうか??
そういうことです。


>雑所得の場合、かなり経費に出来るみたいですが、フリーターの方はそれの内訳を書類に起こし、保管しているのでしょうか?
あまりきちんとやっていないかもしれませんが、あなたのように、よく理解している人は保管してます。少数派ですが。
かなり経費にできます。
あなたの場合、交通費以外にもたくさん経費となると思います。


>最後に、今回の場合、無職時の収入なので、雑所得として38万までは控除されるという認識で問題ないでしょうか。
基礎控除の話ですよね。
あなたの場合、給与所得と雑所得を合わせた所得から基礎控除はひかれます。
申告書の(ア)や①に源泉徴収票から転記しなければいけませんよ。(32)も源泉徴収税額として。


補足への回答
>サラリーマンの場合、副業で20万だと思います。
これは、「年末調整が完了したサラリーマンが、主たる給与所得以外の所得がある場合、その額が20万以下なら、確定申告手続きが免除される。」と言う特例のことでしょう。
下記国税庁のHPの第2項「1か所から給与の支払を受けている人で、給与所得及び退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円を超える人」は確定申告義務があるので、この裏返しとして、20万以下なら申告不要、と言うわけです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1900.htm
これは、あくまでも確定申告と言う手続きが免除されますので、確定申告手続きをする場合は申告しなくてはなりません。
あなたの場合、年末調整が出来ませんので必ず確定申告が必要です。
確定申告が必要なので、雑所得も申告しなければなりません。

なお、基礎控除は、申告書の(15)にあります。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる