「由布院」ですか?「湯布院」ですか?

「由布院」ですか?「湯布院」ですか?

ベストアンサー

3

もともとの表記は「由布院」です。「湯布院」などという表記は、少なくとも昭和20年代までは存在していませんでした。 本来の温泉名は「由布院温泉」。町のシンボルである山の名は「由布岳」、JRの駅名も「由布院」を通しています。 「湯布院」という表記が登場したのは、1955年(昭和30)に「由布院町」と隣りの「湯平(ゆのひら)村」が合併した際に、新しい自治体名を「湯布院町」としたことに始まります。 新しい自治体名は「ゆふいん」とするけれど、湯平の「湯」の字を採用することで湯平村に配慮したのです。まあ、一種の合成地名です。 まだ昭和30年当時の由布院温泉は、別府の陰に隠れた全国的には無名の温泉地でしたから、「湯の町」をアピールする狙いもあったのかもしれません。 ともあれ自治体名が「湯布院」町になったからといって、由布院温泉はあくまで「由布院」の表記が正当なのですが、自治体名の影響力というのは絶大です。町村合併に伴う合成地名だという事情を知らなければ、誰もが町名の「湯布院」が正しい表記と思ってしまうはずです。 ガイドブックも旅行会社のパンフレットその他も自治体名に合わせて「湯布院温泉」と書く事例が続出し、メディアでも「湯布院温泉」の表記が一般化してしまいました。 歴史的正当性はともかく、多くの人が「湯布院温泉」の表記を用いるようになればそれを追認せざるを得ません。 一応、温泉名としても「由布院」「湯布院」のどちらの表記も正しいというのが、役場や観光協会の見解になっていきました。 しかし2005年(平成17)、湯布院町は挾間町・庄内町と合併、「由布(ゆふ)市」となり、自治体名としては消滅してしまいます。 新市名に本来の「由布」の表記を採用したことは評価されてよいことと思います。 これからは、温泉名としては本来の「由布院温泉」の表記が優勢になっていくと思います。しかし半世紀にわたり「湯布院」が自治体名として使われてきた影響は大きく、「湯布院温泉」の表記も併存することになるのでしょう。 なお「湯布院町」の時代に作られた施設名、例えば「湯布院インターチェンジ」などは当時の自治体名を採用した命名ですから、こう表記するのが正当です。

3人がナイス!しています

その他の回答(2件)

0

「湯布院」です。 湯布院町は、大分県のほぼ中央に位置し、大分郡に属していた町である。町内に3ヶ所の温泉地がある町として町名は有名であった。 2005年10月1日に郡内の挾間町、庄内町と合併し、由布市(ゆふし)となり自治体としては消滅した。現在「湯布院町」という地名は、旧町域にある大字の頭に付く形で残っている。