ここから本文です

小6です。しんぶん赤旗はどれぐらいの人が購読しているのでしょうか?

syougakusei6nenn1999さん

2010/11/2519:27:00

小6です。しんぶん赤旗はどれぐらいの人が購読しているのでしょうか?

日本共産党の発行しているしんぶん赤旗はどれぐらいの人が購読しているんですか?
結構規模は大きいほうなのでしょうか?

閲覧数:
597
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

編集あり2010/12/216:48:04

部数は以下のとおり(単位:万部)
(赤旗には、日刊の本紙=H=と、日曜版=N=がある)

年=合計部数*本紙(H):日曜版(N)
1958= 8.1*4.6: 3.5
1960= 12.8* 5.8: 7
1961= 30* 10: 20
1964= 80* 20: 60
1965= 110* 20 :90
1966= 100
1968= 130* 30: 100
1970= 190* 40: 150
1972= 250* 55: 195
1973= 280* 60: 220
1974= 306* 66: 240
1976= 269* 54.5: 215
1978= 324* 60.3: 263
1982= 351* 61.3: 290
1985= 318
1987= 317
1990= 286* 54: 232
1994= 250* 50: 200
1997= 230* 40: 190
2000= 199* 35: 164
2004= 173* 30: 143
2006= 164* 28: 136
2010.1= 145* 26: 119
2010.10=139* 25: 114
(資料により、数字に若干の相違がある)

赤旗は、その部数の多さを誇るが、実際は、安価な日曜版が圧倒的に多い。
しかも最近の部数減少が激しい。(最盛期より200万部以上減!)
興味深いのは、日刊の本紙(H)の部数激減。
日本共産党は、党員40万人だが、
党員証発行の党員数は、実は25万人前後と言われる。
その数字とほぼ符合している。
(そして党員証発行党員の3分の1が購読していないとも言われている)

また、90年代終わり~世紀の変わり目に「共産党ブーム」なるものが起こり、
共産党が得票・議席を伸ばした時期がある。
(最盛期:比例区約820万票、地方議員約4400人
現在:比例区約350万票、地方議員約3000人弱
地方議員数は、来年の統一地方選挙で、益々減少するでしょう。)
ところが上記の如く、その間も赤旗の部数は減り続けていた。
所詮、一部無党派層を惹きつけただけの‘バブル’だったのだ。
(ただ、気をつけねばならないのは、共産党が、増大しつつある無党派層を、条件が整えば、惹きつけてしまう可能性があるということ。
今でも共産党は、主に大都市部で、一定の無党派層を掴んでいる。
政治や歴史を少しでも学べば、騙されることはない。
しっかり学ぶことが肝心。)

質問した人からのコメント

2010/12/2 17:00:51

具体的な数値まで出していただいて真にありがとうございます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。