パテ、ペースト、ディップの違い

パテ、ペースト、ディップの違い 特に違いのわからないのがレバーです。 見た目もおなじようなのに、お店によって レバーパテ、レバーペースト、レバーのディップ・・・ とあります。 違いは何なのでしょうか?

料理、食材10,714閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

2

◇パテ 【pâté(フランス)】 フランス料理の一つ。肉・魚・野菜などから作った詰め物を、パイ生地に包むか耐熱容器に詰め、オーブンで焼いたもの。切り分けて、冷製・温製のオードブルなどに用いる。広義ではテリーヌを含むこともある。また、肉・魚などから作るペースト状の食品をさすこともあり、パンに塗るなどして食べる。 ◇ペースト 【paste】 ペーストとは、野菜、肉、魚介、果物などを生または加熱した後、すりつぶしたり裏ごしにかけたりして、塊のない柔らかでなめらかな状態にすること。ペースト状とは、出来上がった状態を言う。 ◇ディップ 【dip】 パン・クラッカー・ポテトチップ・生野菜などにつけて食べるためのペースト状の料理。クリームチーズ・カッテージチーズ・生クリーム・サワークリーム・マヨネーズ・ヨーグルト・アボカドなどを単品またはいくつか合わせたものをベースにして、種々の調味料・香辛料・レモン汁などを加える。また、たまねぎなど野菜のみじん切り・ゆで卵・アンチョビー・ツナ・辛子明太子などを混ぜることも多い。 <資料> http://kotobank.jp/word/%E3%83%91%E3%83%86 http://www.recipe.nestle.co.jp/from1/cook/word/ha/pesutojou.htm http://kotobank.jp/word/%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%83%E3%83%97

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

わかりやすかったです!ありがとうございます。

お礼日時:2010/11/29 12:45