ここから本文です

アメリカ独立戦争が難で市民革命なんですか。

kiw********さん

2010/11/2800:16:53

アメリカ独立戦争が難で市民革命なんですか。

イギリスのピューリタン革命や、フランス革命は王族を追放・処刑して共和制や立憲君主制を確立したことで市民革命という事は分かりますが、アメリカ独立戦争がなんで革命なんでしょうか。

アジアやアフリカの独立は革命に数えられていませんが。

閲覧数:
2,313
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sno********さん

2010/11/2800:48:01

まずは、市民の定義から。
今日の世界で言うような一般市民とは異なります。市民として,当然に享有すべきいろいろな権利のことを市民権とも言います。全国民ではなくこの時代には新興階級であるブルジョワジーを指す場合が多いですね。(都市における裕福な商工業者)

市民革命とは社会の政治構造が人の支配から法の支配に変わった事を指します。市民革命のあとに出来るのは民主主義国家です。民主主義国家とは、最高権力者を法に従わせる政治形態であり、その法(=憲法)を国民が作った国家のことです。ですから、憲法を最高権力者が作ったものであったり、憲法の上に最高権力者がいたりする国家は、民主主義国家とはよべませんね。

前置きはそのくらいにして。
18世紀のアメリカはイギリスの植民地でした。でも、イギリス名誉革命による緒恩恵は植民地には及ばず、権利章典の恩恵は受けられず、議会へ議員を送ることも参政権も与えられてませんでした。植民地アメリカはイギリス国王の私有地であり、実質的に絶対王政の頃とかわらない統治が行われていたためです。でも、アメリカは独立によって、英国王の政治をはねのけ、市民が権力を握り、憲法を制定し、法の支配を実現しましたよね。これは立派に市民革命と呼べます。

インドシナ独立戦争とは様相がかなり違うのがご理解出来たと思います。

質問した人からのコメント

2010/11/30 00:01:27

成功 皆様詳しく解説していただきありがとうございました。BAは本当に困りましたが今回はこの方に差し上げます。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mek********さん

2010/11/2807:30:34

市民革命という概念は後代の歴史家が提唱して、具体的にはそれらが該当すると主張したものです。当時の人たちはそれぞれの都合で行動していただけれ未来に何と評価されるかなど考えていたわけでもないし、当時の人たちがこれは市民革命だと主張していたわけでもないのです。英仏の歴史家は自国の歴史を美化して、美名をネーミングするのが好きなのです。そうなるとアメリカも黙ってない。アメリカ人は何でも英仏に張り合おうとするのです。待て待て、門戸開放!アメリカ独立戦争だって市民革命だぞ!仲間に入れろ!そういわれりゃそうだな。よし仲間に入れてやる。ただし、露西亜とドイツは仲間に入れてやらないよというわけです。歴史用語なんて、その程度のものなのです。アメリカ人の主張によれば独立だから革命なのではなく、アメリカ独立宣言はイギリスの権利章典に相当する市民の権利を謳ったものだから、市民革命なのだといったことです。アメリカには封建制度も王制も貴族制もなく、国民は自由市民だけだったのですから、そりゃ市民の権利を謳うのは当たり前の話だろうといえないこともない。質問者さんが、そう疑問に思うのももっともな話です。答えは、そんなわけで、それが一般的にそう理解されているというだけで、それ以上の答えもありません。疑問に思うことは大事なことです。無批判に欧米人の主張に追従する人たちよりは100倍ましです。

toe********さん

2010/11/2800:22:20

支配者であった、英国王室に反旗を翻したという点で革命といってよいでしょう。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる