ここから本文です

シャーマン戦車とT34-76はどちらが強いのですか?

pab********さん

2010/11/2803:17:20

シャーマン戦車とT34-76はどちらが強いのですか?

閲覧数:
5,710
回答数:
6
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mu7********さん

2010/11/2805:28:41

どちらが強いか?という質問は、同時に備砲を発射し、どちらが生き残りやすいか、ということで判断をします。でないと、カタログスペックだけではかれない要素があまりに大きいからです。

シャーマン戦車にもタイプがいろいろあるので、そのタイプによると思います。(対するのはT-34/76)

イギリス軍タイプの、「ファイヤフライ」は17ポンド砲装備で、装甲貫徹力に優れていますので、これなら、シャーマンの圧勝。

アメリカ軍タイプのM4A3E2「ジャンボ」は、突破用で装甲が分厚く防御力に優れているので、これもまた、シャーマンの圧勝。

そのほかに、3インチ砲装備車があります。いわゆる長砲身タイプです。17ポンド砲ほどではありませんが、やはり装甲貫徹力に優れているし、威力の高いHVAP弾の存在も無視できないので、シャーマンの勝利。

75㎜砲装備車は、ほぼ互角と思われます。

また、スペックには現れない優秀性が、シャーマン戦車の方に多数あります。

以上のことから、シャーマン戦車はT34/76より強いと判断いたします。

質問した人からのコメント

2010/12/3 03:19:55

ふむふむ

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kam********さん

2010/11/2823:19:08

シャーマン戦車は種類が多彩で、一概に言い切れることはできませんが以下は西部戦線および朝鮮戦争での評価を考慮して、M4A2で考えてみたいと思います。
まず、主砲火力と装甲厚は
T-34/76(1943年型)
砲塔前面:70mm
車体前面:47mm
M4A2シャーマン
砲塔前面:89mm
車体前面:64mm
となっています。なおT-34の車体前面は30度の傾斜を持っていますので約65mm厚の装甲に相当します。
また、M4A2シャーマンも装甲に傾斜が施してありますが、避弾経始を考慮したものではないので、省きます。
火力としては双方とも76.2mm砲を装備しているものと考えます。
M4A2の装備する「M1 76mm戦車砲」は、徹甲弾装備で2200mの距離から88mmの装甲を貫徹可能で、実際交戦距離の1000m以下では112mmの装甲を貫徹する能力を持ちます。
一方、T-34/76(1943年型)の装備する「M1940 76.2mm戦車砲」は、徹甲弾使用の場合、100m以下でもシャーマン戦車の正面装甲を破壊するのが困難です。ただし、高速徹甲弾使用の場合には、600mの距離から正面装甲を撃破可能です。
単純に砲火力と装甲で考慮した場合はシャーマンに軍配が上がります。
しかし、機動力ではT-34は55km/hでシャーマンが48.28km/と勝っており。また、車高の低さにより戦場における非発見率や被弾率は変わってきます。
しかし、ソ連製戦車の全体的な問題として、照準器などの光学兵器の工作精度の低さからくる長距離射撃時の命中率の低下や社内の狭さからくる発車速度の低下などの点が問題となってきます。また、機械的信頼から考えるとシャーマン戦車の方が高いという評価をソ連側からも得ています。
これらの点から考えると、機動力や航続力といった点ではシャーマン戦車の方が勝っており、戦闘においては勝利を収める可能性が高くなります。

蛇足になりますが、独ソ戦時のソ連の対応としてはシャーマン以上の火力と装甲を持つドイツ軍に対しては圧倒的な物量と、戦車以外の砲兵火力や駆逐戦車や突撃砲の使用によって戦闘に臨んでいました。

oku********さん

2010/11/2817:31:06

T34は傾斜装甲やディーゼルエンジンの搭載や強力な76ミリ砲、接地圧の低い
キャタピラなど設計コンセプトはかなり進んでいます、しかし人間工学的には、かなり
厳しいものでした、まず乗員が4人なので車長が照準手を兼ねていますし

砲塔とその直下の床が連動していないので砲塔を旋回させると車長と照準手は体を
よじって操作しなければならないし、照準機も精度に問題がありましたし、乗り心地も
最悪でした、トランスミッションのギヤも渋く操作しにくかったです。

これに対しM4は装甲と車高の高さぐらいが問題で砲力もほぼ互角で乗員も5人で
無線も完備し、使い勝手が良かったので、いざ戦ったらM4の方が有利に主導権を
握りますのでM4が強いと思います。

kam********さん

編集あり2010/11/2809:40:52

公平を期するのであれば同時期に生産されていた、M4A1とT-34/76M1942を比較するべきでしょう。カタログスペックは走攻防のいずれでもT-34の方が勝っており、特に最大速度の差が顕著です。しかし、T-34の2人用砲塔は3人用のM4より戦闘効率で大きく劣っています。M4は稼働率が高く操作も容易だったといいますが、生産性では疎開工場でも量産できたT-34に軍配が挙がります。Ⅵ号戦車に歯が立たなかったこと、Ⅳ号戦車よりは強力だったことはどちらも同じです。総合力では甲乙つけがたい出来だと思います。

bir********さん

2010/11/2808:32:18

第二次大戦、米軍とソ連軍は戦車の戦術施行が似ていました。
戦車の突破力を効果的に使うには、大量に投入して一気に
前線を突破することを理想として、また航空戦力の地上攻撃と
協力して相乗効果も重要と考えていました。
米軍における主力戦車=①シャーマンで空の相棒=②p-47
あるいはp-38でした、
ソ連軍においては①t-34で②ストロモビク襲撃機でした。
このチョイスが成功したことは第二次大戦の連合軍の
東部戦線、西部戦線での大反撃で如何なく発揮されています。
米軍とソ連軍は第二次大戦で衝突しなかったので
シャーマンとt-34-76は実戦で、どちらが優位が分りようが
ありません。
一方、t-34-76の後継であるt-34-85は朝鮮戦争で
投入されて、このときは南朝鮮に進撃した米軍は
シャーマンを使い、この両者の戦車は戦闘していますが、
シャーマンは、t-34-85に、よく撃破されていたそうです。

第二次大戦、米軍とソ連軍は戦車の戦術施行が似ていました。
戦車の突破力を効果的に使うには、大量に投入して一気に...

toe********さん

2010/11/2803:54:44

これは、どっこいどっこいで、乗ってる搭乗員しだいでしょう。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる