ここから本文です

文学論なら何がオススメですか?

den********さん

2010/11/2812:16:17

文学論なら何がオススメですか?

閲覧数:
585
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hap********さん

2010/12/311:31:45

個人の作家についての文学論ではなくて、総括的な文学論のことですよね。
それなら、以下の人達のものはいかがでしょうか。
①中村光夫・・・・・『小説入門』、『風俗小説論』
②小林秀雄・・・・・『私小説論』、『様々なる意匠』、『無常といふ事』
③江藤淳・・・・・『昭和の文人』
④山本健吉・・・・・『私小説作家論』
⑤平野謙・・・・・『昭和文学史』
⑥加藤周一・・・・・『日本文学史序説』
⑦中野好夫・・・・・『文学試論集』
⑧中村真一郎・・・・・『戦後文学の回想』
著名人にしぼりましたが、無論、まだまだかなりあります。
で、お薦めは、中村光夫の『小説入門』です。
読みやすいし、フランス文学のことも前半に書いてありますので、得した気分になれます。
しかも、ページ数も少ないのです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

kam********さん

2010/12/221:00:42

プレイボーイでも読んでろよ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる