ここから本文です

輻射点についての質問です。 前回質問は「2010/11/19の20:20の火球の書き込みに...

oto********さん

2010/12/102:01:06

輻射点についての質問です。

前回質問は「2010/11/19の20:20の火球の書き込みについて、質問。
この火球は、しし座流星群なのか?」です。

前回の質問に、次のような回答を頂いたのですが、

>日本で見えた流星なら日本から見て輻射点が地平線下はありえません。

私には、いくら考えても、理解できません。

ある地点Aで、輻射点が、北東の地平線に、ちょうど昇ってきたとします。

そうすると、流星が、頭上100kmの高さを、飛ぶかも知れませんが、
北東の地平線付近を飛ぶものも見えるのでは、ないでしょうか。
だったら、南西の地平線付近を、飛ぶのが見えても、おかしくないはずです。

流星が、上空100kmで光り、地球の半径6370kmとすると、
1000km(約10°)離れた地点Bの上空で、光っていることになります。

つまり、この地点Bでは、まだ輻射点が地平線下なのに、流星が見えるはずだと、思うのですが?


たとえば、東経約135°、北緯約65°の地点Aで、北から東へ約30°の方角の地平線に、しし座流星群の輻射点が、昇ってきたとすれば、
東経約127°、北緯約56°の地点Bでは、まだ輻射点は地平線下だけど、上空100kmを飛んでいるので、見えるはず?

補足---補足---
ootsukitoroさん、ありがとうございます。

>しし座(輻射点)の方から飛んだかどうかがポイントです。

輻射点は、同時に飛んだ、二つ以上の群流星が交差する位置です。
だが、なぜ、その交点が天球上なのか?

太陽や月は、天球上にはないが、黄道や白道は天球上にある。
では、輻射点は?という疑問です。

peronochaetaさん、新たに、質問させていただきます。
(字数制限のため)

地平線下,輻射点,しし座流星群,火球,地平線付近,質問者,流れ星

閲覧数:
213
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

per********さん

編集あり2010/12/223:18:29

>ある地点Aで、輻射点が、北東の地平線に、ちょうど昇ってきたとします。
>そうすると、流星が、頭上100kmの高さを、飛ぶかも知れませんが、
>北東の地平線付近を飛ぶものも見えるのでは、ないでしょうか。
>だったら、南西の地平線付近を、飛ぶのが見えても、おかしくないはずです。

流星には天頂引力もありますから絶対にないとは言い切れません。天頂引力は地球の引力で流星の軌道が曲げられ輻射点が高くなるように見える現象です。(流星軌道が直線ではなくなるということです)
しかし描かれている図では流星はありえません。図には2個の矢印(流星とします)が描かれていますが、右側の流星は可能性がありますが左側の矢印はありえないです。正確な表現をすれば不可能ではありませんがその確率は非常に低い(ゼロに近い)といえます。また火球になるような明るい物は火球として認識される時点でもう少し高度が下がりますので離れていると目撃しにくいです。

流星は大気圏外からやってくるので、左の流星のように大気圏の内側から外側に向かって飛ぶことはありません。しし座流星群の場合は対地速度が速いのですぐに光り出します。光らずに大気中を飛行し大気圏から抜け出す方向に光ることは無いということです。地心角度で10度も離れていれば、見えないだろうと推測します。

他の方の回答にありますが、日の出前に空が白んだり、西の空に人工衛星が見えたりするのと流星現象は異なります。
太陽光が当たれば反対側の空にあっても太陽光が当たって見えることはありますが、流星はほぼ直進するので濃い大気層があればそこで光って燃え尽き長い大気層を突き抜け反対側の空まで到達するものの可能性はきわめて低いです。

補足について

別質問(さらなる作図)と、さらに元になった質問も何度も読み直しました。
私の回答がBAになるかどうかは質問者さんの判断で結構ですが、現実には有り得ない話だと思います。
申し訳ないのですが、否定的な意見しか書けません。輻射点が地平線下にある流星群は基本的に観測できないと思います。
角度で1度なら可能性は否定しませんが、10度(別の質問では7度)も離れているのは現実的ではありません。実際の流星の空間位置が明らかでないかぎりこの話は不毛の思えます。正直に書けば なぜそこまでしし座群にこだわられるのかは理解できません。

質問した人からのコメント

2010/12/5 20:24:59

降参 皆さん、ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sit********さん

編集あり2010/12/111:03:21

そりゃあ程度問題というものです。わずかに地平線以下なら、ありえることですが、20時20分では、まだ双子座がやっとのぼっただけです。23時台にならないと無理ですよ。
二時間以上早いということは、30度も地平線の下ですので、絶対獅子群ではないと言い切れます。

oot********さん

2010/12/106:05:14

「輻射点が地平線下の流星」って普通にあり得ますよ。
質問者さんの考え方で合っていると思います。
日没直後に突然空が暗くなる/夜明けと共にパッと明るくなる訳ではないのと同じ理屈です。
地平線下にある太陽が大気を照らしているので、太陽が見えなくても空はしばらく明るいですよね?

>この火球は、しし座流星群なのか?

しし座群かどうかは、しし座(輻射点)の方から飛んだかどうかがポイントです。また、固有の動きもあるので、同じ群の流星でも角度的には数度の誤差は生じます。
一方で、散在流星と言って、流星群とは無関係な流星が飛ぶ事もありますので、どこからどこに飛んだかという記録があると切り分けがやりやすいです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる