ここから本文です

ボランティアの医療行為にも、治療ミスや、手術ミスの責任や賠償が発生するんです...

win********さん

2010/12/400:33:27

ボランティアの医療行為にも、治療ミスや、手術ミスの責任や賠償が発生するんですか?

戦争や寄金、災害などでボランティアの医師が医療行為をしますが、明らかに薬品やその量を間違えたり、違う人や部位を手術したり、手術でガーゼを体内に残したりと、医師のミスで患者を死なせたら、刑事責任が発生し、賠償の対象となるんでしょうか?
もちろん、どの国においてもですが。

補足訂正です。
寄金×
飢饉○

すいません。

閲覧数:
578
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kay********さん

2010/12/401:25:58

他の回答者が誤った回答をされているので訂正します。

アメリカやカナダなどではいわゆる「善きサマリア人の法」というものが存在し、善意による無償の医療行為においてミスがあった場合は責任を問われないようです。日本においては微妙なため、場合によってはたとえミスがなくても治療した患者が死亡した場合訴えられる可能性があり、路上で誰かが倒れたり航空機内でのドクターコールがあった場合でも消極的なようです。

以下、ウィキペディアより


善きサマリア人の法(よきサマリアびとのほう、「良きサマリア人法」、「よきサマリア人法」とも、英:good Samaritan law)は、「災難に遭ったり急病になったりした人など(窮地の人)を救うために無償で善意の行動をとった場合、良識的かつ誠実にその人ができることをしたのなら、たとえ失敗してもその結果につき責任を問われない」という趣旨の法である。誤った対応をして訴えられたり処罰を受ける恐れをなくして、その場に居合わせた人(バイスタンダー)による傷病者の救護を促進しよう、との意図がある。アメリカやカナダなどで施行されており、近年、日本でも立法化すべきか否かという議論がなされている。

質問した人からのコメント

2010/12/10 09:56:29

降参 ありがとうございます。
良かった!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

tak********さん

2010/12/400:47:39

相手国の法律によりますが、一般には無償の行為であっても他人を傷つければ刑事責任や賠償責任(被害者が賠償請求をしたとき)は発生します。
たとえば、製品に無料の景品がおまけでついており、それで安全上の事故が発生したときでもメーカーは製造物責任に問われるので、景品であっても幼児が口に入れて窒息死したりすることのないよう細心の注意をしています。
医師や看護師その他の医療従事者の行為も同じです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる