ここから本文です

近代のジェット戦闘機は、 排気噴射ノズルを キンチャク袋の口のように、 絞っ...

bvs********さん

2010/12/712:44:44

近代のジェット戦闘機は、
排気噴射ノズルを
キンチャク袋の口のように、
絞ったり広げたりする事が出来るようですが、
排気噴射ノズルを、
絞ったり広げたりする事に、
どのような意味があるのでしょうか?

閲覧数:
177
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mon********さん

2010/12/712:53:23

噴射力を強める為ですが、低空の空気濃度の高い所では、エンジンに負荷がかかり過ぎて加熱しすぎてオーバーヒートの危険性がありますが、高高度の空気濃度の低い所では、高速飛行に適しています、特にマッハ以上の高速で飛行する時は、どうしても必要な装置なのです。

質問した人からのコメント

2010/12/11 20:48:34

降参 回答して下さった皆様方、
ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

kai********さん

2010/12/712:52:37

ホースの口を考えてみて下さい。
絞ると水は勢い良く出てきますよね。
拡げるとジョロジョロと出ますよね。
勢い良く出ているとスピードが出ます。つまり、加速しているときは絞った状態。
普通で等速程度
拡げた時は徐々に減速している状態


だと思いますよ。
良くわからないので今度じっくり調べてみたいですね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる