ここから本文です

真空管アンプで、シングル方式とプッシュプル方式とでは、同じ型番の真空管を使用...

ロンリー・ライノさん

2010/12/823:29:31

真空管アンプで、シングル方式とプッシュプル方式とでは、同じ型番の真空管を使用してもその音質が変わると思いますが、何故なのでしょうか?

以前から、理由が判らずそのままにしておりましたが、音質が気に入ってる「71A」シングルアンプの出力を上げるため、プッシュプル方式にするか、パラレルシングル方式にするか、製作を悩んでいます。

以前、製作した「6V6」プッシュプルアンプの音質が、シングルアンプよりつまらない音でしたので、ガッカリした経験を持っています。
(そのプッシュプルアンプは、ラビンゲンアンプの回路を利用した、「PK分割」の位相反転(アルテック型)で、自己バイアス方式なんですが・・・。)

なお、参考に添付した写真は、止むを得ず「6L6G」に差し替えたものです。この場合は、逆に、シングルアンプでは潤いのなかった「6L6」アンプが、プッシュプルアンプにすると結構いい音になり、上記「6V6」より、良かったのです。・・・理由が、良くわかりません。^^;

自作アンプ製作のベテランの方、是非教えて下さい。 よろしくお願いします。

ラビンゲンアンプ,プッシュプルアンプ,シングルアンプ,プッシュプル方式,真空管,A級,プッシュプル

閲覧数:
9,380
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kieros2005さん

2010/12/911:13:40

真空管そのものの差よりも回路差が大きいと思います。
1.シングル(A級)に対して、プッシュプルはたいてB級(A級にもできる)ですので、パワーが4倍ほどになります。そのダイナミックレンジの拡大はメリットです。
2.シングル用出力トランスと、プッシュプル用トランスは構造が違います。真空管アンプの音質の大半は出力トランスで決まるでしょう。シングル用はプレート直流電流がながれトランス鉄心が磁化されてしまうので、低域のインダクタンスが大きく取れません。これは低域再生能力のデメリットです。プッシュプル用はプレート電流が互いに逆向きに流れるために鉄心が磁化されませんので、低域再生限界が広いのです。
3.プッシュプルのB級では波形の上下を別々に増幅して張り合わせる形ですので、継ぎ目に歪が出やすいことがありますが、A級は継ぎ目がありませんので、波形伝送が素直です。これはパワーの少なさを補って余りあるメリットです。
4.真空管もメーカーによって電極構造が違いますから、特性もかなり違います。まあ、とりあえず互換性があるぐらいに考えておくべきでしょう。
5.さらに負帰還の量がかなり特性差を生み出します。周波数特性、ダンピングファクタ、SN比など、別物のようにかわります。

PK分割という位相反転方式は安定性は高いのですが、その真空管段は増幅しませんので、パワー段のドライブが大変です。相当大きな入力電圧を入れなくてはなりません。ムラード方なら増幅率がとれますから有利です。
さらに、自己バイアスではカソードに抵抗を入れる分、パワー損失が出ます。できればマイナス電源を用意して固定バイアスで駆動したほうが良いでしょう。

真空管アンプのあれこれを書きましたが、実はアンプとスピーカーの組み合わせでも大きく音質が変わります。アンプがスピーカーインピーダンスの影響を受けやすい回路形式だと、アンプ単独では特性が決まらず、スピーカーを接続してやっと決まるので、使うスピーカーで駆動状態が変わるという厄介な性質があります。

最終的には耳で聴いて評価すると言いますが、それも実は当てになりません。人間の耳は高性能ですがいいかげんです。
鋭敏なときと鈍感なときがあります。プラシーボ効果などでいいはずだと頭で判断すると良く聴こえるというデタラメさがあります。

こうして泥沼にはまり込むのです。

質問した人からのコメント

2010/12/15 22:47:34

抱きしめる kieros2005様の言われる「真空管そのものよりも回路差が大きい」のかも知れません。負帰還を掛ければ、音色も変化しますしね。anpetuss様のアンプは、所謂「単段アンプ」でしょうか?「ラジオ技術」で、武末先生がTANGOトランスで実験していた回路でしょうか?…なお「ブログ」が判りません。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

anp********さん

2010/12/1323:34:17

シングルとプッシュの聴いた時の音質の違いは、前段のドライバーと位相反転の回路の追加に有ると思います。

ドライバーを追加すればする程位相が変わっていって速度が遅くなります。

今までは、ウエスタンの91タイプ(ドライバー一段)がピカ一だと皆の意見でした。

しかし、技術が進んで出力管だけでアンプが出来るように成りました。

しかもシングルでプッシュプルと同じ位の出力を取り出せて、信号が球一つしか通らないので、その音は次元の違いを再生します。

先程、福岡の人の45のバーチカル シングルのアンプを作りました。

何も言う事はありません。

71A 四本だけのシングルで3Wは取れると思います。

しかも、、、歪率は今までのアンプの1/10位です。

皆さん信じてくれませんが、ウーハーで高域まで出せます。

だから、何もする事がありません。

多分、これが理想的なアンプと言うものじゃないかと思います。

一番作りやすいのは、50CA10 です。

入力トランスと、球二本と、カソードコイルと、電解コンデンサーと、出力トランス、後電源だけです。

回路図をブログに公開しましたので、、、、見てもらえれば、、、面白いかな???

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる