ここから本文です

○○と、かけまして、○○とときます。 そのこころは…

tak********さん

2010/12/1801:35:55

○○と、かけまして、○○とときます。 そのこころは…

どういう意味ですか?
「かけまして」「ときます。」「こころ」
それぞれ漢字で教えてください。(そうしたらわかるかもしれません。)
「こころ」→「心」かもしれませんがわかりません。本当全く意味がわかりません。

補足ほう!なるほど!
本来「こころ」とは読まないのに「意」を「こころ」と読むのは??

また、それぞれ意味がわかりません。

閲覧数:
16,610
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ksk********さん

2010/12/1810:59:01

意味はfontomanieさんの回答が正しいと思います。

「謎かけ」は、あくまで寄席芸などのように行われた「ことば遊び」の部類です。
文字文化から生まれた文学でもありませんし、漢字の意味を突き詰めて理解できるものではない、と考えます。

「○○と言うことばに掛けて、何か面白い答えはありますか?」
「△△という解を出します」
「その意図するところは何ですか?」
「□□だからです」

こんな意味です。
言葉遊びなので、こんな間の悪い掛け合いでは詰まりません。
なので
「○○とかけまして△△ととく。その心は□□」
という「決まり文句」がある、くらいに考えるのがよいと思います。

質問した人からのコメント

2010/12/19 20:16:40

降参 やっと意味がわかりました。
fontomanieさんもどうもありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

fon********さん

2010/12/1803:13:32

「かける」は「掛ける」
「とく」は「解く」
「こころ」は「意」
でしょう。
なお「ととのいました」を「整いました」としていますが、
「調いました」だと思います。
“注文の品が調った”と言うのと同じで、“必要とされるものが用意された”の意だと思います。

[補足]を承けて:
>本来「こころ」とは読まないのに「意」を「こころ」と読むのは??
本来「意」という漢字の訓は「こころ」です。
参考画像は『大字典』(上田萬年ほか)です。
『詳解漢和大字典』(服部宇之吉・小柳司氣太)、『字源』(簡野道明)も同様です。

「かける」は「掛ける」
「とく」は「解く」
「こころ」は「意」
でしょう。...

dai********さん

2010/12/1801:54:00

謎かけですよね?

掛けまして 解きます 心
だと思います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる