ここから本文です

コルネット、フリューゲルホルンを始めて一月半程経ち、どうにか上のド(この書き方...

moo********さん

2010/12/2117:27:58

コルネット、フリューゲルホルンを始めて一月半程経ち、どうにか上のド(この書き方が判らないのです)が出るようになりました。

そこで、教えて頂きたいのですが、
〇一つは運指と音階について。先般も教えて頂いた部分もありますが、再確認させて下さい。
〇で、もう一つがトランペット等の譜面の表記についてです。

1.運指と音程について
F♭ファ♯ 1+2+3
F ソ 1+++3
G♭ソ♯ 2+3
G ラ 1+2
A♭ラ♯ 1
A シ 2:A4?
B♭ド 0:チューニングB♭?
B ド♯ 1+2+3
C レ 1+++3:C5?
D♭レ♯ 2+3
D ミ 1+2
E♭ファ 1
E ファ♯ 2
F ソ 0
G♭ソ♯ 2+3
G ラ 1+2
A♭ラ♯ 1
A シ 2
B♭ド 0
B ド♯ 1+2
C レ 1:C6?
D♭レ♯ 2
D ミ 0
E♭ファ 1
E ファ♯ 2
F ソ 0
G♭ソ♯ 2+3
G ラ 1+2
A♭ラ♯ 1
A シ 2
B♭ド 0:C7?

*ハ長調:ト音記号の譜面で見てA4?チューニングB♭?C5,6,7?私の記入は、合っているでしょうか?

2.譜面について
トランペットの教本を見ていると、上記チューニングB♭が、ト音記号の譜面で下第一線のドになっているようなのですが、

一般的なトランペット等の譜面も同じ書き方になるのでしょうか?

お手数ですがお教え下さい。

補足チューニングB♭の上のドでもなかなか高い音だと思うのですが、コルネットやフリューゲルホルンを演奏する方々はその上のドまで容易に出されているのですよね。
凄いと思います。
最近、コルネット等ではありませんが、マイルス・デイビスの音を聞いていて、これは帝王だと思いました(^^)

閲覧数:
518
回答数:
4
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2010/12/2119:07:19

移調楽譜と実音の関係はよくご理解されていらっしゃると思いますが、1オクターブ違っています。
A4、C5…というのは国際式音名表現としてよろしいでしょうか?
ご記入の物はすべて1オクターブ高く書かれています。つまり、A4→A3、C5→C4…です(「B♭ド 0:C7?」の一音上のCがC6ですがネ)。
そしてチューニングB♭(トランペット、コルネットの場合)とはト音記号第三間で示されるB4♭のことを言います。
実音名と階名と運指は(ザッと見ただけですが)よろしいようですね(♭と♯が混在しているのはちょっと… と、思いますが仕方ないですね)。
ちなみにB6♭のことを(トランペット、コルネットの場合)「ハイベー」と言います。

質問した人からのコメント

2010/12/22 05:54:26

驚く まず、この苛酷な現実を私に与えたもうた神に、そしてその現実を直視し、明確なるご回答をお寄せ頂いた回答者の皆様に感謝の気持ちでいっぱいでございます。
誠に有り難うございました。
え~ご回答を読ませて頂き、目が点になりまして、質問を取り消そうかと思いましたが、生き恥を晒す事にしました。
ご回答者全ての方にベストアンサーと思いましたが、愚問に細かくご回答頂いたので選ばせて頂きました。


ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mas********さん

2010/12/2119:38:18

えー、皆さん書いてらっしゃる通りですので、私が補足するとしたら・・マイルスはたしかに割りと高い音も出しますがハイ・トーン・プレイヤーには分類されませんってことぐらい(笑)。ハイ・トーン・プレイヤーというのはそのさらにオクターブ上ぐらいで演奏します(マネしないでいいですよ)。マイルスが帝王と呼ばれる所以はその音楽性と影響力からです。

あと、フリューゲルはそもそも高い音は出にくい楽器なので普段練習するときはコルネットで練習することをおすすめします。基礎練習はコルネットで積んで曲を演奏する際必要な時だけフリューゲルに持ち替えても十分です。

aki********さん

2010/12/2118:46:09

1運指と音程についてですが、たぶん残念なお知らせとなると思いますが、上の表においてチューニングのB♭とされている音は実際合奏などでトランペットがチューニング時にだすB♭の1オクターブしたです。
5線譜表記ほぼ中央に表記されるB♭がチューニングのB♭です。(最近でるようになった音のことだと思います)

そのほかに?が付いている部分が何をしめしているのか私にはよくわかりませんでした。代え指の事を示しているのでしょうか?
たとえば下のB♭とチューニングB♭の間のFは基本的な運指は0(開放)ですが1+3でもほぼ同じ音がでます。多少ピッチが違うので以前質問されていた抜き差し管で音程の調整を行います。
そのことをおっしゃっているのでしょうか?すみません。よくわまりませんでした。代え指も教則本に載っていますのでご覧ください。
http://www.apollonmusic.com/kantan/set_Pet.html


2譜面について
トランペットの教則本では通常トランペットの音階からト音記号で表記されます。ヘ音記号などの音域は通常のトランペットではあまり出ない音域です。
先にも書いたとおりチューニングのB♭は譜面でほぼ中央に表記されているドの音です。5線譜下のドは1オクターブしたです。もう一度よくご確認ください。
初心者の方にはチューニングの音を出すだけでも大変だと思います。

B♭管のトランペットをお持ちのようですが、トランペットは特別な表記がない限りほぼ全てB♭管といってもよいほどB♭が
主流です。トランペットを始めて10年以上がたちますが、C管やE♭管の指定があった譜面は2・3程でした。
使用楽器がトランペットならどの楽譜を吹いても同じルールの下作成されています。同じ音を指して表記されています。
オクターブ上や下を省略して書く音楽記号もありますが、トランペットはもともと2オクターブ半ほどの音域しか出ないのでその記号
が使用されることはないでしょう。
譜面の左上に『trumpet』『B♭trumpet』と表記されていれば同じ様に吹いて大丈夫です。教則本も一般に販売されているものはB♭様です。

以前にされていたご質問も読ませていただきました。独学でトランペットを練習されているようですが、正直限界があると思います。
金管プレーヤー特にトランぺッターは高音に憧れます。私は吹奏楽を学生の時していましたが譜面の音の2/3が5線譜の上の線付近もしくはそれより上の音ばかり出てくる曲も多々ありました。
他の学生さんが質問されていますが、高音の練習は注意しないと口に余計な負担ばかりがかかり、音が出なくなったりすることはよくあります。
私は初心者が独学の身で演奏するのはいいとは思いません。
ネットで質問したり、教則本を読んだりしているだけでは上手くいかない所がいっぱいあるのではないですか?

演奏を上達させるためには絶対的に他の人・楽器・音とのセッション・合奏が必要だと私は考えます。
ぜひ身の周りに同じ趣味をお持ちの方がいないか、楽器経験のある人がいないか探してみたり地域の活動にないか探してみてください。
ネットに質問を寄せるより多くの事が学べると思います。
余計なお世話かもしれませんがぜひご検討ください。

tar********さん

2010/12/2118:38:48

その運指を見た感じですと、チューニングB♭というのは、
質問者さんが思っている音の1オクターブ上だと思います。

教本と通常の曲の楽譜で、特に移調の方法が変わるという話は聞いたことがありません。



すみません。私が知る範囲ではこのくらいです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる