ここから本文です

日本人って部屋汚い人多くないですか?? 足元に服とか食べ物とか平気で撒き散...

mt0********さん

2010/12/2605:28:45

日本人って部屋汚い人多くないですか??

足元に服とか食べ物とか平気で撒き散らかす人多いですよね…
昔から日本の家は畳の家が多いから、地面に物を置く習慣がついたのでしょうか?

外国だと靴履いたまま家に入るから、地面に服とか置いたら汚れるから、ちゃんと片付けるようになったのでしょうか?

外国の人が日本人は整理整頓ができなくて家が汚いと言ってるのを聞いた事があります。

補足皆さん回答ありがとうございます。

閲覧数:
5,085
回答数:
12
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

chi********さん

2010/12/2606:25:26

アメリカからです。
家を売る時に 日本人が住んでいる場合には
空き家になってから写真を撮ったり、買い手を案内をするんです。
何故か?って、 生活臭いから!
そして インテリアのセンス。
不動産価値を落とす場合もあるんです。

特にキッチンは国民性がハッキリと反映される。
日本人家庭のキッチンは 使い手の便利さを第一に考え、
白人家庭は 見た目のシンプルさを重視。

調味料を出しっ放しにしているか、
見えない所に収納するか、の違い。

でも、日本とアメリカの住宅事情も大きい違い。
日本の一般住宅は収納スペースが少なすぎ!!
隠したいけど隠す場所が無い......。

アメリカの一般住宅では個人の物は個人の部屋に。
共用スペースにプライベートは置かない。
子供の頃から 家族のルールとして教え込まれています。

家は投資物件。終の住処は自宅では無く、老人ホーム。
だから 3回買い替えると言われています。
常に売る事を意識して生活しているから
綺麗に維持出来るのかもね。

質問した人からのコメント

2011/1/1 10:52:38

降参 なるほど。よくわかりました
回答ありがとうございます

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/11件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

dru********さん

2010/12/2819:49:05

中国人はベランダから外にゴミ投げ捨てるから部屋はきれい。

min********さん

2010/12/2622:41:29

日本はきれい好きな人が多い国だと思います。
家が小さくて部屋が狭いから外国の人に汚く見えるのだと思います。

ihh********さん

2010/12/2618:21:40

狭いところにモノが多い、というのはあるかも、ですね。

私はモノに執着の無い人間なので、日本で狭い団地住まいでも他所の奥さま方から「どうして○○さんのお宅っていつもスッキリしているの~赤ちゃんいるのに」とよく言われておりましたが。それはズバリ、モノが少ないから、でした。畳の間なのになぜ、ベッドで占領するのでしょう?狭い居間にソファやカウチなんて必要でしょうか?親御さんの心づくしの花嫁道具かも知れませんが、狭い畳の間に箪笥や鏡台の3点セットなんて・・・・

まあ、オーストラリア人の夫はよく耐えてくれたと思いますけれども(笑)。本人、畳に布団敷きは合理的だ、と気に入っていたようですが、TVをのんびり見るのにカウチが欲しいと駄々をこねておりましたのを座布団を与えて却下しました(笑)。

ですので、狭い住環境にあふれるモノ、というのが理由のひとつに挙げられはしませんでしょうか?

こちら、オーストラリアですけれど土地も家もまあ、広いですからねぇ。キッチンのベンチの上に台所用品を出さなくても、キチンと収まるところがありますから。食品だって大きな冷蔵庫やパントリーに収納しておけますし。ホントのお屋敷だと、隠しキッチン付き、なんて物件もあるのですよ。雑誌に載せられそうな「見せキッチン」の裏側に、同じくシンクやガスレンジのある「隠しキッチン=リアル・キッチン」があるのです。ドア一枚で出入り出来ます。私はその家の主婦ではないので、もちろんドアの向こうの隠しキッチンの方を見たことはないのですけれど、見せない分、きっとゴチャゴチャしているのではないかと想像しております。

というわけで、まあ人それぞれ、なのではないか、と。見えるところは片付いているお宅もあれば、見えないところはヒドイ、とか。日本人の場合、都市生活者は特に住環境も影響しているのではないか、ということで大目に見てやってくださいな。

pet********さん

編集あり2010/12/2617:31:14

日本の家が散らかって見えるのは
一つは 和洋折衷の生活様式のせいだとおもいます。
それには、食習慣も入っています。こちらは和洋中、最近ではエスニックも家で作りますね。
それだけ、ものが増えますから。
そして、日本はもともとは蔵に大事なものをしまい、季節や必要におおじて出してくるしゅうかんでした。それが私の母くらい(60台半ば)から、洋風の狭い家にすむようになり、蔵はなくなりましたが、ものを大事にとっておく習慣はのこりました。
また、外国風に壁にいろいろかざったり、食器も見せておく様な インテリアがはやった時代もあります。
というわけで、まあ、豊かさの象徴のような意味もあり、日本の家にはものがたくさんになったのです。

その一方で、日本人は家の建物、 洋服や、車など 外から見える者にお金をかけ、家の中身にはあまりかけない時代も長くありました。

1000円くらいの安いカラーボックスを数千万円の家にたくさん並べるのです。あれは大きさも中途半端で整理はむづかしいです。

そしてやっぱり働きすぎで家に人を呼ぶこともあまりなくなったから。
ってことも大きいでしょうね。

でも、このごろの若い人たちは おうち 大事にしている人がふえたとおもいます。

eeh********さん

2010/12/2614:05:11

イタリアからです、まあ、なんといっても整理整頓をするには家の大きさと構造の違いのこともありますし衛生というか穢れ(けがれ)と言う感覚もちがっています。

掃除の女性ですがトイレの便器と洗面器をおなじ雑巾のようなスポンジで洗ってますし、バルなんかでも犬の糞を踏んづけた靴で歩き回った床に何か飲み物をこばせばそれをカウンターを拭いていたスポンジで拭き取ってからまたカウンターに戻すなんて。

階上に住む人が窓やバルコニー(ベランダ)から階下の窓が開いていようとお構いなしにカーペットやテーブルクロスをばたつかせて食べ物カスやゴミを落とすのはどこに行っても見られる風景です。


見なければきれいに掃除が行き届いてるようですが見てしまった者には絶句。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる