ここから本文です

★★★日本メディアなぜ報じない、アジアの華僑★★★

toku3kujoさん

2010/12/2620:56:03

★★★日本メディアなぜ報じない、アジアの華僑★★★

【ジャカルタ五月暴動】
1998年5月、インドネシアで反・華僑暴動があり、死者は1200人に及んだ。
死者の大半が華僑(現地中国人)だった。女性や子供まで惨殺されるなど凄惨を極めた。

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2007&d=0513&f=column_0513_00...
http://www32.ocn.ne.jp/~tamchai/id-riot.html
インドネシアでは独立間もない1950年から、大規模なもので5回も起きている。
http://d-arch.ide.go.jp/browse/html/1980/209/1980209TPC.html
華僑はインドネシアに現在600万人。
華僑が嫌われる最大の理由は、オランダ植民地時代、オランダ人が、華僑を税金徴収や治安維持の役人として登用し統治を手伝わせたことだ。
華僑のインドネシア人統治は過酷を極め、反発すれば激しい暴行処罰を行った。
独立後も彼らは経済の中枢を握っていたため、政府に強い影響力を及ぼし、一般市民から強い憎しみを持たれている。
華僑への反発はインドネシアだけではなく、東南アジア各地騒乱が発生している。
タイなどは、たびたび発生する紛争が、華僑の内部抗争であるこことは、よく知られている。
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=230402
また軍事独裁国であり中国から多大な支援を受けているミャンマーでも反・華僑は強い。
http://blog.goo.ne.jp/gokenin168/e/59f2f6b17cd0fb6765ebc8ff70a41a14
直接的な原因は、華僑がその経済力を使って現地政府に強い影響力を及ぼすこと、また中国人独特の風習から、現地で経済基盤を作ると本国から親族を大量に呼び込み、主だった経済ポストも役人も中国人が占めてしまうことにある。
しかし、東南アジアではかつての欧米による植民地時代、白人が華僑に統治を手伝わせた歴史が大きな爪痕を残している。
アフリカのルワンダで起きた内紛もベルギー人が、少数派ツチ族に大半のフツ族統治の手伝いをさせたことに始まるが、これと同じである。
白人は植民地の現地人には肉体労働者として酷使する必要から、教育をさせなかった。華僑は文字書きや計算ができて、現地への愛国心もないので、支配者側に都合のいい存在だったのである。
ジャカルタ五月暴動、その背景にある中国人の二百年にわたる、欧米列強の「雇われ役人」としての残酷な統治や、戦後の政治経済支配を、日本ではなぜか報じない。
今、凄まじい勢いで在日中国人が増える中、東南アジアの大問題、華僑の暗部を、なぜ日本のメディアは報じないのでしょうか?

閲覧数:
10,251
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2010/12/2621:07:42

1200人くらいでは報道になりません、その国の内紛は他国が口出す事はタブー、ほかの付き合いかたに影響するから、実際中国で行われているチベット人虐殺は年間一万人。それでも他国は知らん顔

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tomofumihiさん

2010/12/2818:03:47

まず、規模が少ないこと、中国と報道の協定を結んでいるからではないでしょうか?

また、昔ほど酷くはないものの、日本の企業も東南アジアに進出するなら
「華僑」と似た状態になる恐れがあります。
現在でも、欧米の企業が支配しており、現地人の方が貧しいです。そして、
中国だけでなく、日本は東南アジアなんかにも、最近企業が進出しようとしていますが、
華僑の位置に日本人が来るという形になるでしょうね。というか、日本の企業が欧米の企業と
同等の位置につくことは、欧米と旧植民地国との癒着で厳しいです。そして、実際は、今も
華僑の経済支配のポジションが日本企業に移っていっています。(役人はさすがに、一応、独立国なので
あまりないですが)
実際、東南アジアの木々を日本企業の伐採が問題になったことがありますが、それも元は中国の企業が
やっていたものです。

nkentarouさん

2010/12/2621:22:04

「日中記者交換協定」があるからではないでしょうか?

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。