ここから本文です

有給休暇は所定休日にとっても 大丈夫なのですか

ket********さん

2010/12/2819:58:41

有給休暇は所定休日にとっても
大丈夫なのですか

補足有給休暇がまったく取れないよりマシじゃないですか。。。?
給与も増えるし

閲覧数:
466
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dor********さん

2010/12/2820:00:00

そうすると、所定の休日&有給としての意義や目的が、
なくなってしまうと思いますが・・・。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tak********さん

2010/12/2821:48:37

有給というのは休暇とは言いますが法律的な判断では労働を免除される日とされます。
すでに休日の日であればそもそも労働がないわけです。
つまりその分の賃金はないわけで免除すべき労働がないこととなります。
また有給がまったく取れないというのは有給休暇としての考え方からしておかしいのです。
そもそも有給は雇用された労働者の権利ですから使用者(会社)は有給を取得出来るような体制を取っておく必要があります。
それを会社がしていないのですから強引にとればよいのです。会社には時季変更権はありますが拒否権はありません。
強引にでも取る労働者が増えれば有給をとれることを前提とした体制を会社が作らざるおえなくなります。
有給休暇が取れやすい企業の全てが最初から取れやすかったわけではないです。
そういう主張をする労働者がそれを主張することで取れやすくなってきたという事実もあるわけです。
また有給は給料を増やすためにあるわけではありません。
あくまで労働者をリフレッシュさせるためのものです。
ですので買い取りも禁止なわけです。
これが可能ならすでに有給分は給料に含んでいると有給を与えないでもよいということも成り立ちます。

kas********さん

2010/12/2821:15:45

本来の目的からすればダメなのですが

最近、そのような取得も認められるようです。

私的には大疑問ありなんですが

そのような判断例があります。

dig********さん

編集あり2010/12/2820:13:13

所定休日や休日出勤に有休は法的に使えません。
所定労働日のみです。
また有休は形成権であり、労働者の申請のみで成立し、使用者(会社側)の承認・許可は必要ありませんし、拒否も出来ません。
ただし、正当かつ合理的な理由があれば時季変更権といい、時季をズラして貰う様にお願いする事は出来ます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる