ここから本文です

キリストはなぜ迫害を受けてきたのでしょうか。

mym********さん

2010/12/3110:16:02

キリストはなぜ迫害を受けてきたのでしょうか。

聖書は世界中で一番売れている本だと聞きますが、それだけ支持されていながら、歴史の中でキリスト教徒は国や地域、時代の流れの中で迫害を受けてきていたのでしょうか?。
難しい事は分りませんから専門的にではなく、一般的に分りやすく説明してもらえないでしょうか。
色々な説はあると思いますから、私論、仮説、道理、想像、空想なんでもいいです。お願いします。

閲覧数:
205
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pcv********さん

2010/12/3110:32:14

キリストは、まだユダヤ教が、国教だった頃のユダヤの国で、教えを始めました。ユダヤの国は政教一致の国でしたから、新興宗教は、いまで言ったら、テロに匹敵する行為なのです。いわば、今の中国で、毛沢東や共産党を批判する様な行為です。あるいは北朝鮮で、チュチェ思想の反することを公然と教えるようなものですね。ですから、迫害され、支配者であった、ローマ帝国に反対する思想を教えていると、密告されて、死刑になりました。その後も、ローマ帝国領土内に広まった、キリスト教は、ローマ帝国の皇帝が、正式に宗教として認めるまで迫害され続けました。その後、異民族の流入に、苦しんだ、ローマ帝国皇帝が正式にローマ帝国の宗教として認め、保護する様になりました。これが今のバチカン市国です。

質問した人からのコメント

2011/1/2 20:46:03

降参 お二人の貴重な意見有難うございました。
聞かせてもらって、人間にとって宗教とはどんな意味があり、神の存在は何を意味しているのかとも考えます。私は人間というものを掘り返したくはないのですが、生き物の頂点にいる人間を知ることで生活の安定と達成感を味わう事ができはじめています。人間を知ることで、生活と精神的安定が増してきています。もう少し学んでいきたいと思っています。その時は又、お力をお貸し下さい。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

gra********さん

2010/12/3116:03:07

ローマ帝国に置いてキリスト教徒が迫害されたのは実は3世紀中頃からローマ国教になるまでの間です。
当初ローマ社会でのキリスト教徒の印象は妙に閉鎖的でよからぬことを画策する犯罪集団という物が一般的でそれにユダヤ教徒が流す悪評が重なるような感じでしたがそれは市民も理解していて各地の小規模な迫害に留まっていました。
そんな様子が3世紀になると一変します。
理由の一つはアジアやヨーロッパで異民族の侵入で混乱がつずいたため皇帝が軍人の推薦で選ばれるようになり軍の力を背景に皇帝の神聖化や国が定める宗教への寄与の徹底が政策としてなされそれに従わない宗教団体は国家的な弾圧の対象になりました。
ユダヤ教とキリスト教の違いはユダヤはその政策を受け入れキリスト教徒は拒否したということです。
デキウス帝以後こうした経緯でキリスト教徒はキリスト教徒の皇帝が誕生するまで国家的に迫害と言うより弾圧されたのです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる