ここから本文です

高校2年生です。太宰治の人間失格を読みました。 さいごのあとがきの男とバァのマダ...

dra********さん

2011/1/714:13:32

高校2年生です。太宰治の人間失格を読みました。
さいごのあとがきの男とバァのマダムって人間失格本編にでてますか?
正直なところ
何回も自殺しようとして.最後は田舎でゆったり暮らすというのはわかりましたが
意味はよくわかりませんでした..
だれか解説してくれませんかね..

閲覧数:
1,197
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

anm********さん

2011/1/815:20:29

主人公・大庭は一時期、京橋のバアのマダムの元に居候していました。それは作品にも書いてます。大庭はそれまで自分に起きた自伝らしい手記をマダムに送ってます。その手記はマダムを通じて「男」に渡されて、「人間失格」という本にまとめられた、という設定になっています。「私はその男の写真を三葉見たことがある」と言ったのもその男です。大庭というのは太宰自身を描いた男ですから、「自分を客観的に観察した」本になってます。つまり、はしがき、とあとがき以外は大庭の手記、ってことです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

sky********さん

2011/1/900:35:23

マダムは出てますよ。
葉蔵は、途中マダムの店を手伝いますから。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる