ここから本文です

浅井戸用ポンプの選定について教えて下さい

muk********さん

2011/1/2019:44:42

浅井戸用ポンプの選定について教えて下さい

現在日立製WT-P200G(吸い上げ高さ8m時 揚水量25ℓ/min程度)のポンプを使用していますが、ポンプ小屋を設置していなかったので錆びて漏水しています。この機に1ランク上の、日立製高圧力コンパクトポンプWM-PH400V(吸い上げ高さ8m時 揚水量42ℓ/min)へ変更しようと思っています。井戸のサイズは、丸井戸コンクリート作りで、直径85センチ、深さ5.7m(6mストレーナーを底から30cm離していますので5.7mと表記)の堀抜き井戸でポンプ揚水をしていない場合、3.8mまで回復します。泥水ポンプで完全に水を抜き1時間後に30~40cmほど水が溜まります。使用箇所は飲料水に使うキッチンは水道水専用です、通常風呂、洗濯、トイレ、屋外(2箇所)に井戸水を使用しています。それぞれ水道水との切替も可能なように、配管をしていますので、万が一、揚水出来なくなっても使用に差し支えはないのですが、揚水量を上げると揚水困難になり、たびたびポンプの空気かみでポンプの寿命を短くすると聞いた事があります。同時に2水栓使用していると、水道水に比べてかなり流量に差があり、洗濯とシャワーを使用していると、シャワーの勢いが落ちて、さらに屋外で散水ともなると、洗濯機内に溜まる水が少なく洗濯にも時間が掛ります。砂こし器なしの15年以上使用しているのでポンプ揚水量は当時と比べ少なくなっていると思われますが15年前の新品の揚水量分からないので現在は不足に感じてしるのかもしれません。現在は極力2水栓以上は使わないようにしていますが、揚水量増やして快適に使用したいです。
ポンプの交換はしないといけないので、日立製高圧力コンパクトポンプWM‐PH400V(揚水量42ℓ/min)又は同一出力の高圧力コンパクトポンプWM‐PH200V(揚水量28ℓ/min)で十分なのでしょうか?
一般家庭はどちらを選ぶのでしょうか?
揚水能力の高い機種を選ぶと、井戸のストレーナーまで直ぐに行き揚水困難になりますか?砂こし器は付けた方がいいですか?
掘りぬき井戸の浅井戸の方が近所にいないので選定基準が分かりません。

閲覧数:
4,155
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

s_a********さん

2011/1/2021:32:56

前質問でBAいただきましてありがとうございます。素人回答でありますし、現場も見ていないので憶測の域を出ない回答で申し訳なく思いまして、こちらの質問までお邪魔させていただきます。さて、ポンプの選定について・・ですが、井戸水が豊富に湧いて来ない現状でポンプを新品に・・またポンプの能力を上げて高い買い物をするのは“ちょっと待った!”です。現在は井戸底に泥水ポンプ(フロート付き水中ポンプ)を設置してあるとの事でしたが、これが借り物ですぐに返さないとイケナイのでない限り・・そのまま汲み上げ続けるか・・以前使用していた揚水ポンプで井戸水を汲み上げ続けてはいかがでしょう?現在の井戸は2m程度水が溜まる井戸のようですから、その水をそのまま自宅に配水しては当然のように“水切れ”してしまうでしょう。井戸水を限界まで使用した後に5~6時間で元の(3.8m)水位まで回復するのであれば、1t以上の水タンクを用意して常に井戸水を溜めて置きます。そのタンクから自宅へ配水すれば解決すると思います。この場合の短所はポンプを汲み上げ用と加圧用に2台取り付ける必要があること・・(タンクを屋上に置ければ、加圧ポンプは必要ないはず)です。また、井戸水は水道水のようにカルキ(次亜塩素酸ナトリウム)が含まれていないのでタンクは多くても1日で使い切る程度の量が良いです。使い続ける事で、井戸の集水量は増えてくるのでは?との楽観的な考えですが以前は豊富に湧いていた井戸であれば回復を期待できると思います。最後になりますが、浅井戸用ポンプにはモーターの側に小さなタンク(アキュームレーター)が付いています、その側のポンプの一番高い位置にある2本線はフロートスイッチでポンプの給水が無くなるとフロートが下がり渇水を判断してポンプが自動停止すると思いますから無水運転でメカシールが焼ける事は無いと思いますがいかがでしょう?また、タンクを設置するならば井戸からの汲み上げポンプは200~250Wで充分でしょう。タンクから自宅への加圧ポンプを400w程度にしておけば不便は無いと思いますよ。あと、加圧ポンプはインバーター採用で能力一杯に加圧する~と、定圧で送水し使用蛇口が増え圧力が落ちると更に加圧する切り替えが付いているものを選ぶと良いかも知れません。硬度が高い井戸であればポンプもステンレスタイプを選ぶと石灰カルシウムの付着をある程度防げます。最後に・・据え付けるタンクへは水道も引き込みボールタップで注水するようにしておくとタンクの水切れを防げます。この場合、ボールタップをつけた水道配管にバルブをつけておき常にごく少量だけ水道がタンクへ混ざるようにする事で井戸水に水道のカルキが混ざり衛生的に使用できます(もちろん飲料は不可)※井戸水をタンクに一時、溜める事で目に見えないような小さなゴミもタンク底に沈殿しますからそれもメリットですね。

前質問でBAいただきましてありがとうございます。素人回答でありますし、現場も見ていないので憶測の域を出ない回答で申...

質問した人からのコメント

2011/1/21 01:10:05

成功 回答ありがとうございました。泥水ポンプは私物ですのでそのまま汲み上げ続けて様子を見てみます。新規ポンプは保留にして井戸の水量の回復又はタンクを設置して水量を確保したいと思います。イラスト入りで大変解りやすかったです。ありがとうございました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる