衆議院・参議院、与党・野党は違う概念なのですか? この歳までこんな常識も知らないでお恥ずかしいですが、後学のため思い切って質問させて頂きました。

政治、社会問題26,426閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

5人が共感しています

ベストアンサー

24

24人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。また質問させていただきますl。

お礼日時:2011/1/28 13:54

その他の回答(1件)

1

>与党・野党は理解できていると思います。 うん、出来てないと思いますw 政権を握ってる政党は、基本的に「与党」です。それ以外は「野党」。 現在の国会の情勢で例えると、政権を握っているのは民主党です。 衆議院においても参議院においても、民主党は与党です。 一方、野党第一党の自民党は、衆議院でも参議院でも「野党」です。 >参議院でありながら与党 これでいうと、民主党のことを指します。 >衆議院でありながら野党 これは自民党、たちあがれ日本などののことを指します。 >同じ政党の中にも、衆議院に立候補する者もいれば参議院に立候補する者もいるのでしょうか。 当然、衆参どちらにも民主党議員も自民党議員もいます。 議席の関係上、参議院にのみ議席を持つ政党も存在します。 衆議院と参議院では任期が違います。衆議院は4年、参議院は6年。 衆議院は内閣総理大臣の権限に「解散権」があります。総理大臣が 解散を宣言した場合、衆議院は4年の任期中であっても全議員は その時点で議席を失い、総選挙となります。参議院では解散はありま せんので、6年の任期を全うすることが出来ます。 立候補する理由は人さまざまですが、衆議院の場合は小選挙区制なので 地元に顔が利く方が多く出馬する傾向が高い一方、参議院は都道府県毎の 選挙区制なので、知名度が高い人が出馬する傾向が高いようです。 基本的には衆議院で法案が可決すると参議院に送られ、参議院でも審議を行い 可決すると法案が成立します。また衆議院で通った法案が参議院で否決された場合、 「衆議院の優越」によって衆議院の結果を優先することになり法案が通ります。 まずはこんな所で。

1人がナイス!しています