ここから本文です

良心を分析すると、どのようなもので構成されているのでしょうか??

pri********さん

2011/1/2714:54:07

良心を分析すると、どのようなもので構成されているのでしょうか??

閲覧数:
148
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yuk********さん

編集あり2011/1/2813:20:49

深層心理学では「良心」「自我理想」を超自我(スーパーエゴ)と呼びます。
これは道徳原則、つまり「~すべき」「~しなければならない」「~してはいけない」に支配された部分です。

誕生直後から両親に依存して育っていくしかない子どもは、親の愛を失わないために自分を禁止したり、褒めたりする「理想の両親像」に自己を「同一化」し、その躾の内容を自我(~するつもり、~しよう)に取り入れます。そのような仕方で変化した自我の一部は分化して独自に機能するようになります。これが「超自我」です。


そして「超自我」には「~であれ」という「親の期待」が内面化された「自我理想」と
「~してはならない」という「親の禁止」が内面化された「良心」が含まれます。

超自我が形成されると、両親に代わって自身が自我を監視するようになり、自我に対して理想的に行動を要求し、エスの衝動(~したい)を禁止する命令を発します。


つまり簡単にまとめると、「良心」は「両親」の道徳観、価値観を受け継いだもので大部分が構成されてるといえるのかもしれませんね^^

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

k_s********さん

2011/1/2720:38:52

自分が損だと分かっていても他人の為に行動できる人かな。
自分にとって一つでも得がないと他人の為に動く事ができない僕にはマネできませんな。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる