ここから本文です

小学校で「を」を習った時の事の質問です。「お」ではなく「を」を使用する時私の先生は...

まーてぃんさん

2011/2/707:15:44

小学校で「を」を習った時の事の質問です。「お」ではなく「を」を使用する時私の先生はよく『おもいをを使ってください』と言っていたのですが、 それは一体どういう意味なんでしょうか。回答お願いします。

閲覧数:
148
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

chi********さん

2011/2/707:28:46

「を」のことを”重い”と表現することは良くあるようです。「重たいほうの”を”ね!」という意味ですよね。
どうして「お」が普通で、「を」が重たいのかは不明ですが、
なんとなくいっぱい書いてあるように見えて重たそうだから?(笑)
それとも音の響きが重たいからかな?

話し言葉で説明するときに混乱しないように、説明つきで話してくれたんでしょうね。

質問した人からのコメント

2011/2/13 21:51:18

長年の謎が解けました!他のお二方もありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ozi********さん

2011/2/722:12:30

簡単です。
「を」は、いつも言葉の下(後ろ)に付くので『重たい「を」』です。
低学年の先生が使うので、難しい説明は無理です。

a_t********さん

編集あり2011/2/707:42:47

「お」と「を」が一つの単語に入っており、比較的分かりやすいため「おもいを」と、言う例文があったんだと思います。

×「をもいお」
○「おもいを」

なんとなく、「を」は接続詞だとわかってくるような例文ではないでしょうか。

平仮名懐かしいです。私はくっつきのをと習いました。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる