ここから本文です

小学校の複式学級について質問させて頂きます。 現在、子供の通っている小学校...

gan********さん

2011/2/919:14:26

小学校の複式学級について質問させて頂きます。

現在、子供の通っている小学校は全校人数が50人で、子供のクラスは8人しかいません。

来年度より1学年上級生のクラスと複式学級になる事が決まりました。

が…

学級懇談会が開かれた時に沢山の反対意見が出ました。

もう決まってしまった事なので反対しても、変わる事はありませんが、他の保護者の方には色々とご意見がある様で…。

まず、学力低下を心配される方がとても多くいらっしゃいます。

私は初めての事なのでよくわかりませんが、少人数の地域を選んで引っ越したので、複式学級は仕方がないかなぁ…とも思うのですが、現在、お子様が複式学級で小学校に通っている!という保護者の方、また複式学級を受け持った事のある先生がいらっしゃいましたら、ぜひ複式学級のメリット、デメリットを教えて下さい。

宜しくお願いします。

補足2年生と3年生(8人+8人=16人)の複式学級になります。
人数が少ないため、現在の単式学級でも体育の時間は一緒に学習しているそうです。
遠足や、生活も一緒に行う事が多く、私の子供は喜んでいます。
給食の時間は別々だそうですが、8人で食べるよりも16人で食べた方がいいかもしれませんね。

閲覧数:
33,004
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

shi********さん

編集あり2011/2/1310:55:23

田舎の学校に勤める一教員です。

複式学級、やはり保護者の方にとっては経験の無いことで不安が大きいですよね。
教員としても単式学級とは別にカリキュラムを組まねばならず、指導にも特別の研究が必要なため負担が大きいです。
学校としても少人数化の進行で学校体制が安定しないという悩みを抱えることになります。
しかし、こればかりは法律で決まっているものなので、学校側としても抗いようのない問題です。

複式学級は「公立義務教育諸学校の学級編成及び教職員定数の標準に関する法律(通称:標準法)」という法律が根拠になって設置されます。
小学校の場合、2学年の児童数を合わせて16人以下になると複式学級です。
ただし、1年生を含む場合は条件が8人以下になります。

お子さんの学級は8人とのことですが、上の学年と合わせて何人になりますか?
自治体によっては、16人ギリギリの場合に「複式学級解消」を目的として臨時任用の講師を配置し、単式学級にすることもあります。
しかし15人以下だと厳しいでしょう。
法律で決められていることですから、例えていえば「40人ギリギリで1学級は人数が多すぎるので、20人ずつの2学級にしてくれ」と要求することと同じレベルで無理難題になってしまいます。

さて、ご質問のメリットとデメリットですが…

まずはメリットから。
人数が少ないので一人一人に目が届き、必要があれば繰り返し繰り返しのきめ細かな指導が可能。
また、担任教師が片方の学年を指導中、もう片方の学年は子どもたちだけで学習(一人で、またはグループで)するので、自分のペースで学習がしやすく、かつ自主的に学習する態度が育ちます。
さらに、異なる学年の子どもと常に一緒に生活しますから、上級生は下級生の世話をして、下級生は上級生から学ぶ…という道徳性も身につきます。

次にデメリットですが…
先生から直接指導してもらえない時間が必ずあること(間接指導の時間)。
直接指導してもらえない時間の学習をするために、特別の訓練や慣れが必要となること。
人数が少ないので人間関係が固定化してしまい、学習内容を深め合ったり、人間関係の葛藤や競争意識をもつ経験がしにくいこともあります(もともと小規模校なので、この点は単式学級のままでも同じだと思いますが)。

既に複式学級になることは決定とのこと。
反対意見も多いとのことですから、「来年度一緒になる学級との合同授業をする」とか、その様子を「保護者に参観してもらう」とかを、学校として今年度のうちにやってみることもできるはずです。
保護者の集まりを開いて話し合い、学校にお願いしてみてはいかがでしょうか。

お子さんの学年が分かりませんが、複式を構成する学年が次のような場合、単式で指導する時間を作ることもできます。
片方の学年に同じ教科が無い場合です。
例えば2・3年の複式では、2年生には習字や総合的な学習の時間がありませんし、3年生には生活科がありませんから…
3年が習字で2年生は同じ時間に算数を別室でとか、3年が総合で2年生は国語とか、逆に2年生が生活科で3年生は算数を…というやり方です。

同様のことが4・5年の複式でもあります。
4年生には家庭科と外国語活動がありませんので…
5年生が家庭科で4年生が算数とか、5年生が外国語活動で4年生は国語…というやり方もできます。
こういう場合、学校も「できるだけ単式で指導するの時間を作りたい」と考えるはずです。
管理職も協力して授業に入ってくれたりします。

3・4年、5・6年の場合は難しいですけどね。
でも、国語や算数の時間だけでも対応できる可能性があります。
国語や算数は3年生が担任の先生と、4年生は教頭先生と…など。

こういうやり方も学校では考えていると思いますし、また学校から提案されない場合は保護者から提案してみてもいいでしょう。
複式学級は、子ども、担任、学校…いずれの立場でも何かしらの負担はありますので。




補足を読みました。
2年生と3年生の複式になるのですね。
この場合、先にも回答しましたが、3・4年生や5・6年生の複式に比べて、学級編成は複式でも授業を単式で行うチャンスが多いです。
このことについては、学校でも考えていると思います。
学校から具体的な説明が無い場合は、該当学年(新2・3年生)の保護者で話し合い、学校に質問や要望を出すこともできますね(必ずしも要望が受け入れられるとは限りませんが)。

16人ギリギリで複式の場合、こちらの地域では複式解消の対象になることが多いですが、こればかりは自治体の予算や考え方によりますので、現時点(2月)で「決定」とのことであれば、そのまま4月から複式の可能性が高いでしょうね。
複式化による学力低下ですが、もし本当ならば全国各地の小規模校全てで学力低下に悩んでいるはずですが、そういうわけではありません。
むしろ近隣の大規模校に比べて手厚く指導され、学力の高い学校も少なくありません。

質問した人からのコメント

2011/2/15 15:36:34

降参 とてもとても貴重なご意見ありがとうございました。おかげさまで複式学級の不安も無くなりました。来年度もまた子供が楽しく学校へ行ってくれる事を願うばかりです。本当にありがとうございました。

「複式学級とは」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

mik********さん

2011/2/921:59:33

複式学級になるかどうかは,極限までくれば,反対しても制度的に変えられない国の規定です。

体育や図工,社会科など,共通のねらいで取り組める教科はいっしょにやることができますから,競技や鑑賞,見学など,少ない人数より楽しく学習ができます。

国語や算数などは,話し合い学習と「書く」「計算する」などの学習と交互になることが多いです。
少人数の学級に多いのですが,子供が大人に甘えて何から何まで面倒見てもらったり,過干渉をもとめがちです。また,こういう地域は父母のみならず,祖父母までかわいい孫のお世話をしていて,家庭でも多くの大人の手があるのが当たり前だったりするのですね。それを学校でも求めがちです。
ところが,先生が自分たちだけの授業だけみているというわけでなくなると,自発的に子供が授業をやらざるを得なくなります。発表し,自分でノートをとり,友達同士で注意しあい,同級の子全体で自立が進みますよ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる