ここから本文です

今、過払い金請求をしてくれる法律相談事務所が多数存在します。 私も消費者金...

scr********さん

2011/2/1015:37:27

今、過払い金請求をしてくれる法律相談事務所が多数存在します。

私も消費者金融に過払い金の請求をしたいと考えていますが、 なにを基準に相談事務所を選べばいいのでしょうか?

自宅から近い相談事務所を選んだほうがいいのでしょうか?

また、ある相談事務所の報酬が回収額の21%とホームページに掲載されていましたが、どこも一緒なのでしょうか?

全く知識がありませんので、なにとぞ良きアドバイスをお願いします。

補足過払い金の時効は完済から10年と聞きましたが、本当にそうでしょうか?

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
516
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kab********さん

編集あり2011/2/1019:24:56

迅速に訴訟提起する事務所が大事です。
地元の事務所がベストです。遠方なら、通信費5千円を請求する事務所もあります。

事務所により、請求項目が違います。
報酬は、訴訟対応時を考慮し、具体的な報酬の計算を書面で貰って下さい。

複数の業者に請求する場合、1社ごとの返金をしてくれる事務所や、まとめて最後の回収までまって、数社まとめて清算する事務所もあります。

よい事務所選びは、過払いの現状を依頼者も情報を集めて把握すると、説明が本当かどうか、見抜き安いです。
なかには、訴訟しても無駄、10%しか返しませんよと言われるかもしれませんが、訴訟必至が現状です。任意交渉では満足に返金しません。

HPをあちこちみて、オヤ?ここは初期費用は0円でいいな♪と思っても、最終的に成功報酬が高かったりします。

面談必須の事務所が最低限の条件です。弁護士会・司法書士会は、面談で受任することを指導しています。

実際弁護士かどうか確認し、理解できるまで質問などして、報酬は書面に具体的な計算をしてもらって、その他実費など、あいまいに終わらせないようにして下さい。

名古屋消費者信用問題研究会HPに会員さんの判決が「消滅時効の起算点」で一つ紹介されております。
弁護士さんに依頼すれば、望みがあるかも知れません。が、なかなか、この時効問題を引受けてくれる専門家には会えないようです。
依頼者の経済的効果が確実ではないですし・・・。

http://www.kabarai.net/judgement/prescription.html
消滅時効の起算点平成21年8月28日 名古屋地方裁判所一宮支部判決●約定利息で完済した日から12年11ヶ月経過してからの過払金の請求につき、取引が継続していることを理由に消滅時効が進行を始めていないので、貸金業者の消滅時効の援用を退けた事例。
●最高裁平成21年7月10日判決を前提としながら、貸金業が悪意の受益者であることを認めた事例。
業者名:プライメックスキャピタル(旧キャスコ)裁判所・部:名古屋地方裁判所一宮支部

質問した人からのコメント

2011/2/11 08:39:31

驚く 皆さん良きアドバイスをありがとうございます。

皆さんのアドバイスを全てベストアンサーに選びたいと思うぐらいです。

まずは取引履歴書を取り寄せることから始めようと考えています。

そして、自分でも知識を得とくしないといけないようですね。

どういう結果になるかはわかりませんけど、きっとよい勉強になると思います。

皆さんありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

big********さん

編集あり2011/2/1019:42:30

<補足>過払い請求の消滅時効は完済~ではなく取引終了~10年です!!この違いは調べて下さい!!弁護士選任には様々なファクターが有るので単純明快に回答致します。


あなたに「最大限の利益」を与える事が出来る弁護士を選んで下さい…

その為に必要なのはあなた自身が知識を身につけ見識を養う事です


以下はヒント…

過払いが100万円有るとして

<弁護士A>

報酬費用は返還額の「10%」のみです

結果⇒80万円の過払い金で解決しました

依ってあなたには72万円の入金です。


<弁護士B>


過払い金100万円

報酬費用は返還額の「20%」のみです


結果⇒満額100万円で解決しました。

依ってあなたには80万円の入金です。


さて…あなたにはどちらが良い弁護士ですか??

※別案として

あなたが満足する弁護士を探すより実はあなた自身が最高の協力者で有り理解者です!

本人訴訟も視野に入れてはどうですか?

kab********さん

編集あり2011/2/1016:26:04

まず、ご自身で過払い金額を知ることから始めましょう。
法律事務所に依頼して赤字になるようであれば、依頼する訳ありませんよね。

①、利用していた消費者金融に『取引履歴が欲しい』と今すぐ電話。
②、取引履歴が入手出来たら、引き直し計算により、
ご自身の過払い金を知る。

引き直し計算の方法については、下記Q&Aをご参照下さい。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1054675070
私の回答のみですと、利率の設定が不親切です。
他の方のご回答も一読して下さい。

③、自宅から近い法律事務所に
取引履歴と②の引き直し計算書を印刷して持参し、
実際の費用がどのくらいか納得のいくまで、
聞いて下さい。
その際、その場で契約することなく、
一度冷静になって考えて下さい。
その場で決めてしまうとロクなことありません。
また複数の法律事務所をまわり、比較検討することをお勧めします。

あと細かい費用についても確認しておいた方が良いですよ。
・着手金
・訴訟費用
・訴訟後でも成功報酬は変わらないのか?
などなど。


自分では何もせずに丸投げが一番楽ですけど、
それでは良い事務所は選べないと思いますよ。

一見、『なにを基準に相談事務所を選べばいいのでしょうか?』の
回答になっていないようにも思われるかもしれませんが、
上記の手順を行うことである程度判断出来ると思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる