ここから本文です

非塩素系の扱い。

dfg********さん

2011/2/1208:27:00

非塩素系の扱い。

例えば同じ日に、
洗濯槽の掃除に酸素系のクリーナーを使い、
隣の洗面台の配水管の掃除に、非塩素系(液性はアルカリ性)
のクリーナーを使った場合、
有毒なガスなどは発生するのでしょうか?

アパートに住んでいるので、
どこかで混ざって危険なんじゃないかって心配です。

また、数ヶ月前に塩素系のパイプクリーナーを使って、
同じ場所で非塩素系の物を使っても大丈夫でしょうか?

過去の物と混ざって危険なのでは、とちょっとだけ気にかかります。
もう、以前の成分は全部流れ去ってますかね^^;

質問が多くなりすみません。
ご教示頂けますと助かります。
よろしくお願いします。

補足素早いご回答ありがとうございます!!

非塩素系の物
髪毛パイプクリーン
成分:脂肪酸カリウム(純石けん)・過炭酸塩・炭酸塩・珪酸塩

数ヶ月前に使用した塩素系の物
パイプユニッシュ濃密ジェル
成分:水酸化ナトリウム(1%)・次亜塩素酸塩・界面活性剤(アルキルアミンオキシド)

になります。

閲覧数:
2,869
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mim********さん

編集あり2011/2/1209:37:25

酸素系漂白剤の主成分は、過炭酸塩です。酸素系クリーナーと言われている物の主成分も、やっぱり過炭酸塩です。洗濯洗剤の多くはアルカリ性ですから、酸素系クリーナーにアルカリ性物質が混ざって、有毒ガスが発生するならば、洗濯の際に漂白剤を使うことはできなくなりますね。でも、実際にはそういうことを日常的に多くの人がやっていて、何も事故が起きていないでしょ?それは、何にも異常事態が発生する要素が、そこにないからです。

塩素系洗剤と酸素系洗剤が直接混ざった時に発生するのは、人体や環境には無害な”酸素ガス”です)。しかも、数ヶ月も経ってから使って、貴方のご自宅近隣で、直接貴方が数ヶ月前に使用した塩素系クリーナーと、これから使おうとする酸素系クリーナーが、混ざり合うことなどあり得ません。数ヶ月前のクリーナーは、とっくの昔に下水処理場に到達して、分解してこの世から消滅しています。

塩素系洗剤と混ざって、有毒ガス(塩素ガス)を発生させるのは、酸性物質です。サンポールなどの塩酸系トイレ用洗剤や、クエン酸や酢といったものが、その代表例です。貴方が使おうとしている”非塩素系の物”に含まれている成分は、全てアルカリ性物質です。ということなので、全然危険はありません。ご心配無用です。

質問した人からのコメント

2011/2/16 16:19:58

降参 ご回答下さったお二方、ありがとうございました!!
おかげさまで、安心してホームクリーニングできそうです。
心苦しいですが、具体的なご回答を頂いたこちらの方を
BAにさせていただきます。
ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

sam********さん

2011/2/1208:47:54

危険なのは塩素系と塩酸系を混ぜたときです。
非塩素系の成分が詳しくわからないので正確に言えませんが質問の二点はどちらも問題ありません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる